【レース回顧】ヴィクトリアマイルレース回顧・終わってみればストレイトガールの連覇


(PR)
競馬関係者専属サイト
勝率7割で的中
年間平均658万円獲得
まずは3か月無料キャンペーンをご利用ください。
http://relationship-sc.com/?AD_CODE=5097_00000

 

ヴィクトリアマイルレース回顧
終わってみればストレイトガールの連覇で閉じた今年のヴィクトリマイル。

ストレイトガールは前哨戦の阪神牝馬Sでは、9着と期待を大きく裏切っていた。

暮れの香港遠征の疲れが抜けきっていない状態だったのは間違いない。しかし、それにしても前哨戦で9着は負けすぎた感は否めない。

事実ファンも、ストレイトガールの強さを認めつつもディフェンディングチャンピオンに7番人気という低評価。

ストレイトガールは来ても相手候補の一角。そんな風潮が流れていた。

前走の敗戦で見切ってしまったファンは多い。それをあざ笑うかのような快勝劇だった。

道中は中団で脚を溜め、折り合いも抜群。直線を向くと上がり3ハロン33.4秒のメンバー中最速タイの末脚で競馬ファンを唸らせた。

ある意味、馬券を取ったファンも、取らなかったファンもである。取ったファンにしてみれば、やはりストレイトガールは並みの馬ではないと再確認し、取れなかったファンも、やはりG1・2勝はダテではなかった・・・。

この様な評価を下したことだろう。2着ミッキークイーンは窮屈な所から、ストレイトガール迫ったが2着がやっと。

3着ショウナンパンドラはミッキークイーンとの2着争いにハナ差届かず。とにもかくにもストレイトガールの強さが光った一戦だった。

(PR)
競馬関係者専属サイト
勝率7割で的中
年間平均658万円獲得
まずは3か月無料キャンペーンをご利用ください。
http://relationship-sc.com/?AD_CODE=5097_00000

サブコンテンツ