【レース回顧】日本ダービー 重圧を跳ね除けダービー勝利。


(PR)
確実に取れる馬券情報を教えます。
スマホでもOK!
↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
http://pride-k.com/?afl=org160405
9ASFGH.png

重圧を跳ね除けダービー勝利。マカヒキ&川田優雅

今年の日本ダービーは例年以上に盛り上がりを見せた。

ここまで3強が目まぐるしく変わる中、日本ダービーの3強は崩れなかった。

勝ったマカヒキは中団インで虎視眈々と勝機を伺う展開。サトノダイヤモンドも殆ど同じ位置取り。

ペースを作ってマイネルハニーは4コーナーで既に脱落。エアスピネルなど好位追走組が一気に襲い掛かる。しかし、これで終わりで無かったのが今年の日本ダービー。

マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティの主役候補がここから一気に襲いかかる。

ディーマジェスティは安全策の大外に進路を取った。マカヒキ、サトノダイヤモンドは力勝負で馬郡の真ん中から突き抜けてきた。

最後はマカヒキにサトノダイヤモンドが襲いかかるも、僅かハナ差サトノダイヤモンドに競り勝った。

進路の差の分ディーマジェスティは3着。決して力負けではない。

秋もダービーの1着から3着馬が3強を形成しそうな雰囲気。少しこの3頭と他馬には差がついた印象は否めない。

距離などの問題もあるので、全ての馬が菊花賞に進むわけではないが、この3頭は永遠のライバルともいえるだろう。

もともとマカヒキはルメール騎手が騎乗していた馬だが、サトノダイヤモンドに先約があり皐月賞からは川田優雅騎手と新コンビを結成。その大きな結晶が僅かハナ差の死闘を制し日本ダービーを制した。

(PR)
確実に取れる馬券情報を教えます。
スマホでもOK!
↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
http://pride-k.com/?afl=org160405
9ASFGH.png

サブコンテンツ