【レース回顧】ソルヴェイグ3歳牝馬ながら激戦制す!!


(PR)
確実に取れる馬券情報を教えます。
スマホでもOK!
↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
http://pride-k.com/?afl=org160405
9ASFGH.png

函館SS・レース回顧。

ソルヴェイグ3歳牝馬ながら激戦制す!!

函館SS・レース回顧 ソルヴェイグ3歳牝馬ながら激戦制す!!
今年の函館SSは、人気が割れに割れた。結果も上位人気で馬券に絡んだ馬は2番人気のシュウジがソルヴェイグと壮絶な叩き合いの末敗れたものの、最低限の仕事は果たした。それ以外の人気馬は総崩れとなった。

 

最終的に1番人気に支持されたオメガヴェンデッタは手応えよく直線に入ったかに見えたが、そこから伸びを欠く形となり6着。

 

結果的に勝ったソルヴェイグが2番手から抜け出し、最後はハナ差の大激戦を制した。

 

スプリント戦にしては、思ったより前の組に比較的楽な平均ペース。

 

思ったより、ペースが上がらなかったのが大きな分岐点となった。2着のシュウジも好位追走からゴール前は叩き合いまで持っていった。3着レッゴードンキも中団より前での競馬。後ろから行く馬には展開が向かなかった。

 

昨年覇者ティハーフがよもやの12着惨敗を喫した。

 

惰性で回ってきた様な感じで疲れないレースだった。次走ティハーフの巻き返しには警戒したい。しかし、如何せん洋芝巧者なので、次はキーンランドCあたりが有力になってくる。

 

まだ本格的な夏は来ていないが、やはり夏は牝馬の格言通りの結果となった。

 

今後、ソルヴェイグにはスプリント路線と言う選択肢が加わった事も同馬に取っては非常に大きい。しかし、今回は洋芝での一戦だったので軽い馬場で結果を出せば、いよいよ本物になってくる。

 

(PR)
確実に取れる馬券情報を教えます。
スマホでもOK!
↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
http://pride-k.com/?afl=org160405
9ASFGH.png

サブコンテンツ