【マキ馬王コラム】安易に買うのは危険な騎手とは!?


(PR)
3年連続プラス収支
2か月無料で情報提供でまずは稼いでください。
自分で予想する必要は一切なし
決められた買い目を買うだけで3年連続収支の予想とは!?
http://good-news1.com/?AD_CODE=5118_00000
aaa11

 

マキ馬王のコラム 騎手について

 

春のG1シリーズは伏兵のマリアライトが優勝し観衆を驚かせてくれました。

 

データ派にとっては牝馬というだけで買いにくい馬となっていました。

 

しかし、2000m以上の距離では大きく崩れておらずそういう観点からは軽視はできなかったのですが、まさか優勝してしまうとは!!

 

一方、1番人気のスターホースのドゥラメンテは怪我をしてしまうというハプニングで凱旋門賞は白紙。

 

いまいちスッキリしないここ最近の競馬ではありますが、夏は最寄りの競馬場で生で観戦して楽しみましょう。

 

さて、今回は騎手について考えたいと思います。

 

JRA 所属の外国人騎手はM.デムーロ騎手とC.ルメール騎手の2名です。

 

リーディングでも上位を争う二人ですが複勝率のルメール騎手大舞台に強いデムーロ騎手といった印象です。

 

複勝率5割弱あるルメール騎手は買わないと痛い目にあるということになりますね。

 

さらに、人気別やクラスなど条件を絞ると5割を超えるので軸選びとしてはここから入るというだけでも高確率で的中することができます。

 

デムーロ騎手に関しては調子の悪い時はすこぶる悪いときがあり1日馬券外ということもあります。

 

安易に買うのは危険ということもあります。

 

しかし、重賞では勝負強さをみせてくれるところは評価ができます。

 

では、短期免許の騎手はどう でしょうか。

 

T.ベリー騎手、D.バルジュー騎手、F.ベリー騎手など海外から参戦する騎手はまだまだいますがJRA所属の2人には劣ります。

 

ファンとしては乗っている馬が違うから仕方ない。

 

そう思うでしょう。

 

しかし、馬券を当てるという観点でいえばそんなことは関係ないわけです。

 

数字で見ると外国人騎手でも買える騎手、買えない騎手がいます。

 

安易に騎手で選ぶということは危険ともいえます。

 

(PR)
3年連続プラス収支
2か月無料で情報提供でまずは稼いでください。
自分で予想する必要は一切なし
決められた買い目を買うだけで3年連続収支の予想とは!?
http://good-news1.com/?AD_CODE=5118_00000
aaa11

サブコンテンツ