【無料版】4月25日 中央競馬予想


【メインコメント】
今年の福島牝馬Sは、今年も大混戦ですね。人気は押し出される形で重賞3着2回と近走安定した成績を残しているパワースポットが1番人気になると思いますが、断然の1番人気ではありません。かなり死角の多い馬です。

今年の福島牝馬Sを難しくしている要素は騎手にあります。

超1流や1流の騎手が今年は参戦しません。

ここが大きなポイントです。重賞ですが、牝馬限定重賞は障害の重賞競走以外では一番格下の重賞です。何せ牝馬限定の上、賞金も重賞の中では低いですからね。

ここがポイントですね。騎手は賞金の5%が進上金として貰えます。またレース1鞍に騎乗するだけで4万円チョット貰えます。

これは着順関係ありません。その為、若手が多い、この福島開催に1流騎手が行くと、騎乗依頼が殺到し、1日10鞍前後乗る事が多いです。

10鞍だと、着順関係なく40万円は落馬でもしない限り確定です。

かなり熱い勝負なのですが、それでも今年は福島に参戦しようとする一流騎手が今の所いません。

エージェントも騎乗馬の確保に大変ですからね。折角いい馬を確保しても肝心要の騎手が、その馬はチョット・・・となったら全て水の泡です。しかし、競馬界では良くある話です。その為、若手に福島はチャンスが非常に多く回ってきます。

今年の福島牝馬Sもそういったレースです。若手騎手中心ですから、人気もあってないような物です。展開すら全く読めないようなレースです。

但し、ノーチャンスではありません。先週のアンタレスSのクリノスターオーを本命にしたように的中するには、ある程度の裏打ちがあります。

アンタレスSがアジアエクスプレスが本命だったら余り面白くなかったと思います。どちらからでも的中ですが、今回もクリノスターオーの様な、穴人気の馬を狙います。

【全頭徹底分析】

◎『16・パワースポット』

主戦騎手大野を下ろし、横山典弘を鞍上に迎え勝負態勢。勝ち負け必至

○『11・ペイシャフェリス』

自分の競馬に持ち込めばかなりしぶといこのメンバーなら、好走期待。

▲『6・スイートサルサ』

前走は出走取り消しもその影響は全く感じない好勝負必至。
△1・メイショウスザンナ
ベストパフォーマンスを発揮できる距離。調子も良い。連下候補

△3・ウエスタンメルシー
1000万→1600万と連勝勢いがある。一発警戒。

△10・グレイスフラワー
穴ならこの馬。主戦柴田善巨が今回も引き続き手綱を取る。

△14・マイネグレヴィル
ちょっとしたきっかけがあれば、直ぐに好走出来る馬。能力を信じたい。

【この馬に騙されるな!】

消『2・ブランネージュ』

前走は中山牝馬Sで2番人気支持されるも10着惨敗。今回も人気にある程度はなりそう。ここは危険な人気馬。

【その他消し馬見解】

消4・フィロパトール
非常にムラの多い馬。気性が荒い。見極めが非常に難しい馬

消5・ケイティバローズ
現状ではダートの方が適正は高い。芝の重賞でどこまで健闘できるか?

消7・オメガハートロック
近走頭打ち状態。順調に使えないのも割引材料。

消8・ミナレット
完全に頭打ち状態。いきなり好走するとは考えられない。ここは迷わず消し

消9・バーバラ
短距離がベストの馬。いくらなんでも今回は距離が長い。

消12・リラヴァティ
まだ準オープン馬。格上挑戦で重賞競走は流石に厳しい。

消13・アルマディヴァン
今回消した馬の中では一番怖い存在。相手なりに走る。

消15・シャイニーガール
近走はドツボに嵌ってしまった。ここからの完全復調はあるのか?

推奨買い目
馬連1-16・3-16・6-16・10-16・11-16・14-16 3連複16→1・3・6・11・14

【総評コメント】
今年の福島牝馬Sには、パワースポットが押し出される様に1番人気になると思っていた所で鞍上交代。主戦大野を下ろしてまで勝負に出てきた。横山典弘なら
問題ない。今度は1番人気確定の状況になった。相手からマークされる存在だが、後方から行く馬の為、小回りの福島1800Mでは、捲り一発に出る可能性もある。
駆け引き上手の鞍上だけに、どの様なレースになるか非常に楽しみな一戦。対抗ペイシャフェリスとちらを本命にするか悩んだが、鞍上の能力で2番手とした。
単穴はスィートサルサ。牝馬限定重賞なら実力上位。前走の取り消しの影響は、中間の気配からは感じられない。その他△の連下候補が続く。上位は能力拮抗。
連下候補も侮れないメンバー。

【おまけ・明日のNO.1鉄板馬】

東京6レース・3歳500万下 
2番ノボバカラ
小頭数メンバー弱化。連軸固い。

サブコンテンツ