【マキ馬王のコラム】 JCに続いて、チャンピオンズカップ


老後が心配
借金がある
収入を増やしたい方はこちら
http://www.5il.org/?code=4202

マキ馬王のコラム JCに続いて、チャンピオンズカップ

先日のジャパンカップは武豊騎手のキタサンブラックが逃げ切り見事優勝しました。

 

東京2400mというタフなコースを逃げ切ることができたのは武豊騎手の絶妙なペース配分とキタサンブラックの豊富なスタミナがあったからでしょう。

 

しかし、キタサンブラックの血統は母父はサクラバクシンオーという短距離馬の血です。

 

競馬に絶対はないという言葉がありますが、この話は別な意味で競馬の可能性というものを大きく広げてくれていると思います。

 

このレースから有馬記念に出走する馬もいますが、この戦いを見てこの結果とは違った結果になることも十分に考えられ るので年末は非常に楽しみです。

 

さて、本日で11月が終わり明日で12月になります。

 

12月は4週連続でG1が開催されますが、まずはチャンピオンズカップがやってきます。

 

注目は破竹の重賞4連勝中のアウォーディーや調子を取り戻してきたコパノリッキー

 

サウンドトゥルーやノンコノユメなどダートG1戦線を闘ってきた馬が多いわけですが注意点を上げるとすればピークを越えた馬を見抜くことです。

 

単純に年齢で見ると3歳から6歳馬までは平均的に馬券に絡んでいるので気にしなくていいですが、7歳馬に関しては過去10年28頭出走して2頭しか複勝を確保していません。

 

次に馬それぞれのピークですが、G1経験馬を見るとやはり近走をみる限り過去ほど成績が良くない馬がちらほら見受けられます。

 

そこで武蔵野S組やみやこS組にもチャンスが出てきます。

 

1番人気の馬を見ると単純に複勝率は70%でおそらくアウォーディーが1番人気になるでしょう。

 

鞍上もジャパンカップ優勝騎手の武豊騎手というのもあってオッズは低くなりそうです。

 

充実ぶりを見みて軸にふさわしい馬ですが中京コースということが1つ気になるところではあります。

 

チャンピオンズカップが終わると2歳馬のG1戦があり有馬記念となります。

 

この4週は荒れそうなG1が続くので高配当狙いで1 つ獲ればプラスはキープできることも予想されますので是非馬券を当てたいところです。

「キタサンブラック」の画像検索結果

 

老後が心配
借金がある
収入を増やしたい方はこちら
http://www.5il.org/?code=4202

サブコンテンツ