【朝日杯FSレース回顧】今年は、波乱の結末


競馬で生計を立てて競馬で生活する
そんなことを可能にします。
http://horse-navigator.com/index.php?aficd=sr10

 

朝日杯FSレース回顧
今年は、波乱の結末となった。人気馬総崩れ、1番人気ミスエルテが4着に来るのが精一杯。

その他の人気馬は掲示板にも載らなかった。非常に痛い一戦となった。人気馬の中でもタンビュライトは、2番人気・13着に沈んだ。

2歳牝馬のこの時期は非常に難しい調整を強いられる快勝したのは、サトノアレス強烈な末脚で豪脚一閃。

他馬を置き去りにした。これで藤沢和雄調教師は先週のソウルスターリングに続き2歳G1を完全にジャックした。

これでクラシックが楽しみになった。マイルで快勝したが距離の融通は割と効くタイプだけに、クラシック戦線でも活躍が期待される。

これで藤沢和雄厩舎は牝馬はソウルスターリング。牡馬はサトノアレスとのコンビで来春のクラシック路線が非常に楽しみなった藤沢和雄厩舎。

牡馬も牝馬も一流馬を持っているのは何とも心強いところ。サトノアレスもソウルスターリングも距離の壁を克服してくれそうだ。

 

競馬で生計を立てて競馬で生活する
そんなことを可能にします。
http://horse-navigator.com/index.php?aficd=sr10

サブコンテンツ