【有馬記念レース回顧】 人気馬上位独占


・ユーザー様に少しでも情報の透明性を感じて頂きたい
・登録したばかりの不安な気持ちを少しでも軽減したい
そんな想いから、ユーザー投稿型のコミュニティサービス
「みんなの会議室」を、全ユーザー様に無料公開しています!
http://www.raceweb.jp/?code=4202

 

有馬記念レース回顧 人気馬上位独占

最内枠を引き当てた、キタサンブラックと武豊騎手のコンビ。

しかし、ハナはマルターズアポジーに譲り、番手からの王道競馬。レーススリーペースで淡々としたペースで流れる。

道中仕掛ける馬もいない珍しい有馬記念となった。

残り800mの地点でマルターズアポジーの手応えが怪しくなり後退。

満を持して武豊騎手はキタサンブラックにゴーサインを出すとキタサンブラックも直ぐに反応、中山の短い直線を完全に抜け出した所にゴール前、サトノダイヤモンドが強襲。

クビ差、キタサンブラックを交わしたところがゴール。

終わってみれば1番人気・2番人気とガチンコ勝負の実力決着。

3着には好位からそのまま流れ込んだゴールドアクター入った。

結果的に上位3着馬までの人気別入線順位は2倍人気→1番人気→3番人気だった。

穴党に取っては全く出番なしの展開。本命党にしてみたら、しっかりと厚めに買った馬券が大幅還元される形となった。

キタサンブラックもあの競馬をしって2着惜敗なら悔いはないだろう。今回は勝った、サトノダイヤモンドをほめるべきレースだった。

人気馬の鞍上はどちらも冷静だった。サトノダイヤモンドは来年さらなる飛躍が期待される。

 

・ユーザー様に少しでも情報の透明性を感じて頂きたい
・登録したばかりの不安な気持ちを少しでも軽減したい
そんな想いから、ユーザー投稿型のコミュニティサービス
「みんなの会議室」を、全ユーザー様に無料公開しています!
http://www.raceweb.jp/?code=4202

サブコンテンツ