【AJCCレース回顧】ゼーヴィントはまたもや2着。


主に穴馬専門サイト
点数を少なめに、かつ穴馬券を
当てたい方はこちら
http://goldhorse.jp/?r=att51

 

AJCCレース回顧・ゼーヴィントはまたもや2着。
大方の予想通りクリールカイザーの単騎逃げで始まったレース。

スローに落とし込んでのマイペースの逃げ。レースは淡々とした流れで進む。

有力馬は虎視眈々と仕掛けどころをうかがう。

レースが大きく動いたのはラスト3ハロン。

残り600Mで有力馬達も仕掛け出す。

ここでクリールカイザーは脚色が一杯になりずるずる後退。

ゼーヴィントは、中団から先団にとりつき、迎撃態勢。

しかし、1頭インコースをすくったタンタアレグリアが一歩先に抜け出しをはかっており、セーヴィントもよく差を詰めたが、タンタアレグリアには届かず。

これで重賞3連続2着となってしまった。

持っているポテンシャルはかなり高いだけに、重賞2勝目は時間の問題だと思うが、いまひとつ決め手に欠ける印象は否めないが、逆にここを解消すれば大きく成長する。

タンタアレグリアは昨年の天皇賞・春以来のレースだったがスピード・スタミナともに大幅アップした印象で、それに瞬発力もついてきた印象。

3着ミライヘノツバサは、3番人気3着と人気通りの着順だったが出来れば本賞金加算を出来る、2着以内が欲しかったが仕方がない。

2番人気リアファルは惨敗を喫した。良いころのデキにはない。

 

主に穴馬専門サイト
点数を少なめに、かつ穴馬券を
当てたい方はこちら
http://goldhorse.jp/?r=att51

サブコンテンツ