【レース回顧】東西重賞揃って断然1番人気の馬が勝てず。


的中率と情報量NO.1
圧倒的な結果を残してきたからこそ
絶大な支持を受けています。
http://triple3.biz/idx.php?AD_CODE=0009_00000

2月5日 重賞回顧

東西重賞揃って断然1番人気の馬が勝てず。

先ずは京都金杯。スタート直後人気の一角スズカメジャーが落馬競走中止と言う波乱の展開でスタート。

断然の1番人気サトノアーサーは中団からレースを進める。

ペースはスロー。一歩先に抜け出した、アメリカントップにだしぬけを食らい、最後猛追するもこの時点で勝負あり。

仕掛けどころを完全に間違えてしまった。ミス騎乗と言えるだろう。

次走から川田騎手は下ろされる可能性が出て来た。このメンバー相手には絶対に勝っておかなければいけないレースだった。

勝ったアメリカントップは6番人気。2着サトノアーサーは1番人気・3着タンビュライトは2番人気だった。それで3連単14180円もつくのだから美味しい馬券と言える。

東京新聞杯レース回顧
エアスピネルが3着に敗れる波乱があった東京新聞杯。マイル戦にしてはスローペースでレースは淡々と流れた。道中エアスピネルの手応えは絶好。直線でゴーサインを出してから伸びを欠き3着に敗れた。

あの手ごたえなら突き抜けてもおかしくなかったが伸びを欠いた。勝ったブラックスピネルは京都金杯の借りを返した形となった。2着にはブロディガルサンが入線した。馬連3150円は美味しい過ぎる馬券となった。

的中率と情報量NO.1
圧倒的な結果を残してきたからこそ
絶大な支持を受けています。
http://triple3.biz/idx.php?AD_CODE=0009_00000

サブコンテンツ