【無料版】5月16日 中央競馬予想


Sponsored Link
 

【メインコメント】
京王杯SCの最終登録馬を見た印象。正直、今年は目立った馬がいない。最近の京王杯SCの傾向でもあります。

今年は3連系の馬券がもしかしたら、結構良い配当になる可能性があるなと言うのが差最終登録馬を見た率直な印象です。

以前の京王杯SCと傾向が全く異なっています。以前は「タイキシャトル」や「グラスワンダー」と言った超G1級の馬が肩慣らしに出走していましたが、現在は超G1級の馬の出走は殆どありません。一体何が原因なのか?

1番は距離にあると思います。

スプリント戦とマイル戦の丁度中間の1400Mここが一つの落とし穴ではないでしょうか?1400Mも1600Mもあまり東京なら変わらないと言う人もいますが、1400Mと1600Mは明らかに違います。

1400Mまではスピードで押し切る事が出来ます。

しかし1600Mの場合は中距離適正の高い馬が活躍する事がよくあります。「チルマルボーイ」が良い例ですね。中距離中心に使われていましたが、マイルの安田記念で末脚が炸裂しました。鞍上の安藤勝己騎手(引退)の絶妙な手綱捌きも優勝に導いてます。

この様に中距離レースで活躍する馬が、マイル戦で活躍する事があります。

マイル戦はスピードだけでは押し切れない。1400Mは何とか押し切れますが、マイル戦は、若干パワーとスタミナが必要です。

マイル戦は意外に体力の消耗戦です。レース後の疲労も大きいです。

今回は1400Mと言う、距離ですから、前哨戦なのですが、最近は中々結果が直結していません。

1400Mと言う距離は微妙な距離です。

1400Mが得意だった馬「マジンプロスパー」「サンカルロ」1400MのG1があったらこの2頭はG1を制していたかも知れません。

【全頭徹底分析】

◎『13・ダイワマッジョーレ』

今回は好材料が揃った。ベストな距離にベストな鞍上。連軸中心

○『9・サトノルパン』

今回は叩き2戦目更に上を狙える。叩けば叩く程よくなる馬。今週の稽古も合格点

▲『11・サクラゴスペル』

適距離より1ハロン長いが能力で十分カバーできる。今週の調教内容が秀逸。

△2・ダンスディレクター
休み明けながらも状態は良い。十分中間乗り込んだ。連下候補

△5・タガノブルグ
近走いいとこ全く無し。普通に考えれば買い材料はない。ここで掲示板に乗らないと引退か?逃げ粘りを期待

△15・ヴァンセンヌ
母フラワーパークの産駒で初めて重賞ウィナーが出た。勢い一番。

△17・クラリティーシチー
前走はモーリスの末脚に屈したがもっている能力はG1級

【この馬に騙されるな!】

消『8・オメガヴェンテッタ』

まだ、叩き上昇中。本調子には正直程遠い。ここは危険な人気馬

【その他消し馬見解】

消1・インプレスウィナー
このクラスでは完全に頭打ち状態いきなりに激変は?

消3・ウインマーレライ
相手成なりに走る馬だが、今回は流石に相手関係が厳しい

消4・エールブリーズ
重賞競走のここでは荷が重い。素直に消し

消6・アフォード
この馬のキレ味が活かされるのは6ハロン戦。1ハロン長い上に相手も強烈。

消7・ダンスアミーガ
善戦すり時もあるが非常に波の激しい馬。買いづらい。

消10・ブレイズアトレイル
そんなに近走負けてはいないが、決め手不足は否めない。

消12・ニシノビークイック
叩き3戦目そろそろ走ってもおかしくないが、調教の動きがイマイチ。

消14・プリンセスメモリー
中間一頓挫あった影響はある。そこを割り引かなくても上位争いは厳しい。

消16・バクシンテイオー
なかなか秘めた素質は高いが、突破口がない。ここは軽視妥当。

消18・ショウナンアチーヴ
近走は休み明け前よりも状態が良くないここも厳しい戦いになる。

推奨買い目

馬連2-13 5-13 9-13 11-13 13-15 13-17 3連複13→2・5・9・11・17

【総評コメント】
今年の京王杯SCはメンバーはやや小粒ながらそれなりのメンバーは整った。本命ダイワマッジョーレは1400Mでこそ力を発揮する馬。鞍上も主戦デムーロなら文句はない。

調教内容も非常に良かった好感がもてる。

対抗サトノルパンは前走は勝ち馬に上手く乗られてしまった。決して能力で負けた馬ではない。

小牧からルメールへの鞍上強化は非常に大きい。

新しいサトノルパンの競馬を見せる事が出来るか注目。単穴サクラゴスペルはこのメンバーの仲で1番調教が良かった馬。

スプリント適正の非常に高い馬だが、1400Mまでなら我慢が効く。後ろで末脚を温存し最後の直線で弾ける事が出来るか?以下連下候補もそれほど差のない競馬は出来る。

激戦のゴール前。先頭でゴールインするのはどの馬か?

【おまけ・明日のNO.1鉄板馬】

東京6R・3歳500万下。東京コース大歓迎の関西馬ラディカル中心。連軸主役

Sponsored Link

サブコンテンツ