【京都記念・レース回顧】マカヒキ・伸びを欠く。マカヒキ何とか3着死守


予想的中率NO.1サイトが決済
そのサイトがこちら
http://horsema.com/?AD_CODE=3065_00001

 

【京都記念・レース回顧】マカヒキ・伸びを欠く。マカヒキ何とか3着死守
凱旋門賞14着から国内復帰初戦となったマカヒキが大きな注目を集めた。

 

単勝1倍台の断然人気支持された。メンバー的にみても1番人気は妥当だが、1倍台は少し被り過ぎた印象は否めない。

 

心配されたメンタル面がどうでるのかがポイントだった。海外遠征で14着惨敗。

 

何もないと言ったら嘘になるだろう。今までは国内で強い競馬を見せていたのだから、やはりメンタル面のダメージはないはずがない。

 

あって当然。疲労はこれだけ間隔をあければ上手く抜けるだろう。

そうこうしているうちにレースはスタート、マカヒキはいつも通り中団からの競馬。

 

直線ばらける京都の2200Mコース。逃げたヤマカツライデン、ガルバルディが後続を離してレースを引っ張る展開。

 

マカヒキにはおあつらえむきの展開だったが直線ではいつものようには弾けなかった。

 

ジリジリ伸びた感じ。それと対照的だったのが、前走、香港で再覚醒したサトノクラウンが一気に突き抜けた。

1歳上の古馬の先輩の意地とプライドが、勝った。サトノクラウン・デムーロのコンビはこれで京都記念連覇となった。

 

これで今年からG1に昇格される大阪杯に向けて大きな弾みとなった。

 

2着には前走サトノクラウンと同じ香港のヴァースを使ったスマートレイアーが入線。

 

ミッキーロケットは後ろから行き過ぎたのが裏に出た。

 

予想的中率NO.1サイトが決済
そのサイトがこちら
http://horsema.com/?AD_CODE=3065_00001

サブコンテンツ