【フェブラリーS・レース回顧】天国に旅立った父へ捧げる勝利


・ユーザー様に少しでも情報の透明性を感じて頂きたい
・登録したばかりの不安な気持ちを少しでも軽減したい
そんな想いから、ユーザー投稿型のコミュニティサービス
「みんなの会議室」を、全ユーザー様に無料公開しています!
http://www.raceweb.jp/?code=4202

 

【フェブラリーS・レース回顧】

天国に旅立った父へ捧げる勝利

2月18日に急死したゴールドアリュール。

これまで数多くのダートの1流馬を輩出してきた。

そのゴールドアリュールが種付けシーズンを前に急死した。

現役時代主戦騎手だった武豊騎手もこの訃報を聞くと言葉を失った。

そんな中行われた今年のG1第1弾フェブラリーS。

人気はカフジテイクが1番人気を守り通し、2番人気にゴールドアリュール産駒ゴールドドリーム。

3番人気にモーニンと言う順番。道中はやや速い流れで進み差し・追い込みにも十分届く展開。直線を向くと二転三転する激しい攻防。

残り200Mでゴールドドリームが先頭に躍り出る。1番人気はカフジテイクは安全運転の大外ぶん回し。

何とか馬券圏内には入りそうな勢いも1着は厳しい位置。

最後内を抜けたベストウォーリアの強襲に遭うも、ゴールドドリームの鞍上デムーロ騎手は終始落ち着いた手綱さばき再加速させ、見事で先頭でゴールイン。

2着はベストウォーリアそして、大外を回したカフジテイクがようやく3着。

兎にも角にもゴールドアリュールにG1勝利をゴールドドリームが届けた。

 

・ユーザー様に少しでも情報の透明性を感じて頂きたい
・登録したばかりの不安な気持ちを少しでも軽減したい
そんな想いから、ユーザー投稿型のコミュニティサービス
「みんなの会議室」を、全ユーザー様に無料公開しています!
http://www.raceweb.jp/?code=4202

サブコンテンツ