【中山記念・レース回顧】終わってみればネオリアリズムの快勝


予想的中率NO.1サイトが決定
そのサイトがこちら
http://horsema.com/?AD_CODE=3065_00001

 

中山記念・レース回顧2017

終わってみれば3番人気ネオリアリズムの快勝だった。比較的前にいた馬での決着となった。

2着には8番人気サクラアンプルールがなだれ込む様に入線し、馬連は、14300円の万馬券。本命党には痛恨の一戦となった。

穴党にしてみればしてやったりの競馬だった。

 

リアルスティールは勝負所で鞭が入りながらも手応えが悪く全く鞍上の指示に応えない。

 

この馬の難しい一面をまた見せてしまった。3歳の時はそれ程気難しい一面を見せてはいなかったが、古馬になって気難しい一面を見せるようになった。

11頭立て8着は幾らなんでも負け過ぎ。

1番人気アンビシャスは後方待機策が裏目に出てしまった。

 

スローペースで流れた今年の中山記念。しかし、アンビシャスは仕掛けをギリギリまで待った分勝負所で置かれてしまった。

直線追い込むも4着まで。展開が向かなかったと言えばそれまでだが、大阪杯に向けて暗雲が立ち込めた。

上位人気で馬券に絡んだのはネオリアリズムだけ。

休み明けもなんのその流石は堀厩舎と言った所。万全の仕上げだった。今後に向けて明るい材料が揃った。

怖いのは故障だけ。ポテンシャルは間違いなくG1級のものがあるだけに今年は悲願のG1制覇が大目標になる。

 

予想的中率NO.1サイトが決定
そのサイトがこちら
http://horsema.com/?AD_CODE=3065_00001

サブコンテンツ