【大阪杯レース回顧】・キタサンブラック強し。


今日から1週間以内に収入が発生
最新の競馬的中ノウハウを無料プレゼント
+
【勝てる競馬情報】を無料提供中
http://horsegue.com/?AD_CODE=3190_00001

 

【大阪杯レース回顧】・キタサンブラック強し。
G1に昇格した大阪杯。初代王者に輝いたのはキタサンブラックだった。

道中は3番手を追走、逃げ馬を行かせて折り合いに専念。

引っかかる事もなく、終始自分のリズム。勝負所では手ごたえ抜群で馬なりで進出。

直線では力強く抜け出し後続の追撃を完封した。これでキタサンブラックは、G1・4勝目。

2着には、キタサンブラックをマークする競馬をした、ステファノスが入線した。

3着には、中団から鋭く伸びた、ヤマカツエースが入線した。

2番人気マカヒキは直線伸びを欠き4着と馬券圏内を外した。またしてもダービー以来の勝利をもぎ取る事は出来なかった。

マカヒキらしさが見られなかった。今後は流動的になった。

3番人気サトノクラウン好位から競馬をするも直線伸びを欠き6着に終わった。

殆ど見せ場なく終わってしまった。キタサンブラックの強さだけが光った試合だった。

昨年完全に能力が覚醒したキタサンブラックだったが今年に入ってもその潜在能力の高さは今年に入っても健在だった。

次走は天皇賞・春で、サトノダイヤモンドとのリベンジマッチが待っている。

長距離適正では、キタサンブラックに分があるだけにG1連勝となるか注目の一戦になる。

 

今日から1週間以内に収入が発生
最新の競馬的中ノウハウを無料プレゼント
+
【勝てる競馬情報】を無料提供中
http://horsegue.com/?AD_CODE=3190_00001

サブコンテンツ