天皇賞・春レース回顧【隙がなかった。キタサンブラック連覇達成】


一切予想する必要はありません。
テレビ・webで今注目の予想方法
競馬に投資してみませんか?
http://keiba-enrich.com/index.php?lp=000_123

 

天皇賞・春レース回顧

隙がなかった。キタサンブラック連覇達成。

ヤマカツライデンの大逃げでレースはスタート。最初の1000Mが58.3と長距離のレースにしてはかなりのハイペース。

キタサンブラックは離れた2番手でレースを進める。サトノダイヤモンドはキタサンブラックを徹底マークしたいところだが、キタサンブラックの約5馬身後ろからレースを進める。

3番人気シャケトラはスタート後かかって、スタミナをロスした。

レインボーラインはスタートが良くなく後方からの競馬となった。

注目のキタサンブラックとサトノダイヤモンドの2強対決。

ここに割って入る馬がいるかどうか?シュヴァルグランはサトノダイヤモンドより前で競馬をした。

3コーナー過ぎでヤマカツライデンの脚色が鈍り、キタサンブラックが馬なりで交わす。

大歓声が上がって直線へ。先に抜け出したキタサンブラックが後続の追撃を余裕綽々に封じ込めてしまった。

3.12.5はあのディープインパクトがマークしたレコードを更新。そして、1番人気の勝利もディープインパクト以来。

2着はシュヴァルグラン。3着にサトノダイヤモンド。サトノダイヤモンドにいつもの切れがなかった。

少し思った位置よりも後ろからの競馬となってしまった。上位人気で馬券圏外に沈んだのは3番人気シャケトラの9着。

折り合いを欠いたのが痛かった。

キタサンブラック天晴のレースだった。

 

一切予想する必要はありません。
テレビ・webで今注目の予想方法
競馬に投資してみませんか?
http://keiba-enrich.com/index.php?lp=000_123

サブコンテンツ