ヴィクトリアマイル・レース回顧


無料で1日最大18レースの指数をレース前日公開
指数通りに買うだけでアホみたいに的中を量産させます
2年連続プラス収支を達成しているデータで無料で毎週あなたに的中をお届けすることを約束します
無料だからといって
いい加減な情報やデータ、嘘偽りは一切ありません。
http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3434

 

 

ヴィクトリアマイル・レース回顧
断然の1番人気に支持されたミッキークイーンの走りに注目が集まったが、そのミッキークイーンはいつもの走りが影を潜めてしまった。

直線に入っていつもの鋭い末脚を発揮する事はなかった。結局7着に終わり見せ場なし。

勝ったのはアドマイヤリード。上手く内の経済コースから鋭く伸び、あっと言う間に先頭に立ち押し切ってしまった。

ルメール騎手の好騎乗が光った。

あのコース選択は外国人ジョッキーならでは。日本人ジョッキーであのコースを選択するジョッキーは殆どいない。

ルメール騎手らしい、騎乗でアドマイヤリードはこれでG1馬の仲間入りを果たした。

2着には11番人気デンコウアンジュが自慢の末脚を発揮して、穴をあけた。馬連は42,710円もついた。

穴党にしてみたらウハウハものの結果となった。

非常に馬券的に妙味があったレースだった。レース前までは堅い決着が予想されていたが、それを覆す結果となった。

3着には7番人気ジュールポレールが入線した。人気馬が総崩れのレースになった。2番人気ルージュバックは、10着。

3番人気レッゴードンキは11着と本命党にとっては手痛い結果となった。それにしてもミッキークイーンの凡走の原因が気になる一戦となった。

 

 

無料で1日最大18レースの指数をレース前日公開
指数通りに買うだけでアホみたいに的中を量産させます
2年連続プラス収支を達成しているデータで無料で毎週あなたに的中をお届けすることを約束します
無料だからといって
いい加減な情報やデータ、嘘偽りは一切ありません。
http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3434

サブコンテンツ