安田記念レース回顧・絶好調ルメールはイスラボニータで8着。


今日から1週間以内に収入が発生
最新の競馬的中ノウハウを無料プレゼント
+
【勝てる競馬情報】を無料提供中
http://horsegue.com/?AD_CODE=3190_00001

 

安田記念レース回顧・絶好調ルメールはイスラボニータで8着。

ロゴタイプが昨年同様楽な単騎逃げを放った。特に競りかける馬もいず、ロゴタイプのペースでレースは淡々と進んだ。

ロゴタイプは単騎逃げをするとかなりしぶとい。

今日も最後の最後まで粘り粘った。

最後はサトノアラジンに交わされたが十分存在感を示した。そしてパドックで気配が目立ったサトノアラジンがしっかり勝利した。

調教を見る限り、疲れが残っていると思ったが、パドックでは気配が一変していた。これはやられたと思った瞬間でもあった。

レースはイスラボニータが直線で進路が塞がり、進路が開いたのは残り150M。

ここからではどうにもならない。

結局8着に敗れた。ルメールの強気の騎乗が今日に限って言えば裏目に出てしまった。

こういう日もある。

しかし、安全運転で外に進路を取ったら少なくとも馬券圏内に来ていた可能性もある。

但し、競馬は結果が全てなのでこの結果を真摯に受け止めたい。

それにしてもサトノアラジンは見事なまでの巻き返しだった。外国馬2頭も良いところなし。ロゴタイプに最後の最後まで迫って交わしたのはサトノアラジンだけだった。

今日はサトノアラジンの底力の高さだけが目立ったレースだった。

 

今日から1週間以内に収入が発生
最新の競馬的中ノウハウを無料プレゼント
+
【勝てる競馬情報】を無料提供中
http://horsegue.com/?AD_CODE=3190_00001

サブコンテンツ