マキ馬王のコラム 馬に強い弱いはあるのか?


高い利益率を実現した最新ロジックで投資競馬の頂点へ
全ての結果には理由がある!
直近の的中実績に並ぶ高額配当の数々
勝てない競馬は、もうやめにしませんか?
http://ads-transfer.com/link/?079

 

マキ馬王のコラム 馬に強い弱いはあるのか?

 

競馬では人気薄が1着になったり、実績の乏しい軽ハンデの馬が1着になることがあります。

色々な条件があり、それらの影響で好走したり、凡走したりすることが考えられます。

しかし、基本的に馬自体の能力に強い弱いはあります。

単純に比較するのであれば新馬と古馬では明らかに大きく差があります。

新馬、未勝利、500万・・・G2、G1とクラス分けがされているとおり強い弱いがあるということです。

強い馬でも下位のクラスからスタートして徐々に上のクラスに上がっていきます。

強い馬は勝ち上がりが 早くあっという間にオープンクラスになる馬もいます。

トップクラスの本当に強い馬は連戦連勝を重ねますが、競馬の世界はそれが難しいです。

日本の陸上の100m走で桐生選手でもトップを獲り続けることが難しくそれに近いものが競馬でもあります。

馬券を購入するにあたり強い馬というのは、最低でも3着以内を毎度確保する馬ということになります。

突き詰めると、1着を獲り続ける馬というのが最強の馬になります。

単複、ワイド、連複・連単系すべての馬券を的中させることが可能です。

変な話ですが、500万クラスで勝ち切れず2.3着をずっと獲り続けている馬も馬券購入者としては強い馬という 認識でいいと思います。

 

ただ注意したいのはその馬の能力が高いかどうかという見極めは必要となります。

毎度2.3着を獲り続けているとしても、レースの内容をみて着差が大きかったり少頭数であった場合はマイナスとなります。

G1で走っている馬は全体でみると強い馬の集まりですが、馬券でプラス収支を目的とする場合は各クラスの強い馬をみつけるという考え方をしてみるのもいいと思います。

 

現在は降級馬が走るレースもあるので稼ぎやすい時期です。

普段は重賞で強い馬を買っている方も各クラスにいる強い馬を買うというのも悪くないと思います。

1つ1つのレースで強い馬、弱い馬を見 極めて行きましょう。

 

 

高い利益率を実現した最新ロジックで投資競馬の頂点へ
全ての結果には理由がある!
直近の的中実績に並ぶ高額配当の数々
勝てない競馬は、もうやめにしませんか?
http://ads-transfer.com/link/?079

サブコンテンツ