【ローズS レース回顧】レースを制したのは8番人気ラビットラン!!


重賞専門予想サイト
「競馬総本舗」
今週のマル秘情報はこちら
まずは無料でお試し下さい。
aka-001 http://k-million.jp/?afl=nik170410

 

開催が心配されたローズS。レースを制したのは8番人気ラビットラン!!

とにかく天候が心配されたローズS。開催中止も危ぶまれた程。

しかし、予想より台風の動きが遅かった為、JRAは開催に踏み切った。

結局懸念された馬場状態も良馬場で行われた。

レースはカワキタエンカの逃げで始まった。1番人気ファンディーナは絶好の好位5・6番手をキープし、今日は揉まれない競馬が出来た。

しかし、直線に向くとまたしても弾けなかった。この馬は自分でペースを作った方が良いようだ。結局6着に敗れた。

カワキタエンカが直線に入り2枚腰を発揮し、粘りに粘って2着を確保した。

中々、人気馬がカワキタエンカを捕える事が出来なかった。そんな中1頭だけ別次元の脚色で追い込んで来たのがラビットラン。

上がり最速の33.5秒の末脚を繰り出し、カワキタエンカ以下を豪快に差し切った。カワキタエンカに1馬身1/4をつける快勝劇だった。8番人気と6番人気の決着で馬連は、21,390円の万馬券決着。

穴党に取っては美味しい配当になった。

大接戦の3着争いは同じ勝負服(キャロットファーム)の2頭が大接戦を演じたが武豊騎手騎乗のリスグラシューがミリッサをハナ差退けた。

ラビットラン・カワキタエンカ・リスグラシューの3頭が秋華賞への優先出走権を獲得した。

 

重賞専門予想サイト
「競馬総本舗」
今週のマル秘情報はこちら
まずは無料でお試し下さい。
aka-001 http://k-million.jp/?afl=nik170410

サブコンテンツ