マキ馬王のコラム 王者への道


証券経験30年以上のベテランアナリストが提供する急騰テーマ株
無料投資情報をはじめそのノウハウもご紹介!
プレミアムな投資情報が満載の有料サービスはリピーター続出中!
メールアドレス入力で有望株の銘柄コードを即時提供中
http://lp01.investorpremium.jp/?m=as06

 

マキ馬王のコラム 王者への道

日曜日には日本とフランスでG1が開催されました。

混沌としていた短距離戦線を制したのは昨年の覇者レッドファルクスでした。

元々安定感のある馬ではありましたが、今回の勝利で短距離王の座を確立することとなりました。

春の覇者セイウンコウセイは早い流れには向かないのか大敗を喫することとなりました。

レッツゴードンキは内から伸び2着に健闘し桜花賞馬としての意地を見せてくれました。

春のG1に出走し1600万条件、OP戦を連勝したワンスインナムーンが逃げ粘り3着を確保しました。

レッドファルクスが抜けた存在となりましたが、まだまだ勢力図はガラッと変わることもあるでしょう。

さて、フランスでは日本の期待を背負ってサトノダイヤモンドとサトノノブレスの2頭が出走しました。

前哨戦は思うような競馬ができず、本番では何かしてくれるかと期待をしましたが結果は大敗に終わりました。

負けはしたものの日本馬の初制覇がかかっていただけに楽しませてもらえました。

3歳牝馬のエネイブルがG1を5連勝で凱旋門賞を制覇という圧巻のパフォーマンスを見せました。

来年は斤量が増えますが、同じような勝ちっぷりをみせることができるか今から期待がかかります。

日本馬が凱旋門賞を制するポイントは、3歳馬・牝馬ということになりそうです。

オルフェーヴル、ディープインパクトでも制することができなかった凱旋門賞です。

世界の壁を攻略するには3歳の大器が現れるのを待つしかないでしょう・・・

今週は3日間開催です。

秋のG1に向けて毎日王冠、京都大賞典が行われます。

G2だけあってメンバーが揃って楽しみなレースです。

京都大賞典はシュヴァルグランがG1制覇に向けて始動となります。

安定性のあるサウンズオブアース、最強の世代の一角のミッキーロケットにも注目です。

毎日王冠はG1馬がズラリと並ぶ中、注目はグレーターロンドンです。

破竹の5連勝で初のG1に出走し、4着と健闘したこの馬はまだまだこの先が楽しみな1頭です。

ここは大きく勝負に出て来週からのG1に向けての資金を調達したいと思います。

 

証券経験30年以上のベテランアナリストが提供する急騰テーマ株
無料投資情報をはじめそのノウハウもご紹介!
プレミアムな投資情報が満載の有料サービスはリピーター続出中!
メールアドレス入力で有望株の銘柄コードを即時提供中
http://lp01.investorpremium.jp/?m=as06

サブコンテンツ