天皇賞秋レース回顧。出遅れもなんのそのキタサンブラック春秋連覇!!


低投資でがっつり万馬券を狙いたい方
49名の1級情報検定士が高配当の方程式を教えます。
無料お試しはこちら
http://www.keiba-database.com/?code=0071

 

天皇賞秋レース回顧。出遅れもなんのそのキタサンブラック春秋連覇!!

 

スタートで後手に回ってしまったキタサンブラック。万事休すかと思われた。

 

しかし、鞍上の武豊騎手は、愛馬の力を信じて、後方待機策と言う作戦にでた。

 

無理に脚を使って先行集団にとりつきにはいかなかった。普通に考えたら、かなり厳しい戦いになる事が予想された。

 

しかし、キタサンブラックは、マクリ気味にポジションをドンドン上げて行き、4コーナーでは射程圏に進出する馬場の内側から伸び、最後はサトノクラウンとの一騎打ちになり、持ち前の勝負根性で接戦をものにした。

 

2着サトノクラウンが不良馬場で苦しむなか、しっかり最後は伸びてキタサンブラックに迫った。

 

馬場適正がカギを握った象徴的なレースだった。3番人気リアルスティールは3着レインボーラインから5馬身後ろの、4着だった。4番人気ソウルスターリングは6着。

 

3歳牝馬には過酷な条件だった。健闘した方ではないだろうか?

 

5番人気のサトノアラジンは馬場が合わなかかったのか距離が合わなかったのか?

 

18着シンガリ負けと言う結果になった。

 

今後はマイルSに向かうのか注目が集まる。予想外の惨敗に陣営も頭が痛い。

 

今週も不良馬場での一戦だった。

 

 

低投資でがっつり万馬券を狙いたい方
49名の1級情報検定士が高配当の方程式を教えます。
無料お試しはこちら
http://www.keiba-database.com/?code=0071

サブコンテンツ