【マキ馬王のコラム 王者の貫録】


低投資でがっつり万馬券を狙いたい方
49名の1級情報検定士が高配当の方程式を教えます。
無料お試しはこちら
http://www.keiba-database.com/?code=0071

 

マキ馬王のコラム 王者の貫録

天皇賞・秋は先週に引き続き悪天候で不良馬場という中での開催となりました。

見事優勝したのは、現役最強馬の一角であるキタサンブラックがクビ差を凌いでの勝利となりました。

今までの先行策とは違い、中団から競馬を進めて終わってみれば上がりも最速で力を見せつけました。

これで春・秋と天皇賞を制することとなり、大阪杯を合わせると今年のGIはこれで3勝目となります。

もはや、年度代表馬に選出されるだけの成績は残したのではないでしょうか。

2着には宝塚記念でキタサンブラックを破ったサトノクラウンがデッドヒートを繰り広げました。

昨年の香港遠征から安定した走りを続けており、力もつけて充実期となっています。

忘れたころに穴をあけるレインボーラインが3着に食い込みました。

菊花賞同様、このタフな馬場で天皇賞・秋も過去最高に遅いタイムの決着となりました。

しかし、キタサンブラック、サトノクラウンの力は本物であるということを証明するレースになったの間違いありません。

この勝利でサトノダイヤモンド、サトノクラウンに差をつけて最強馬の王座に輝いたことになったと思います。

残り2戦で再戦となると思われますが、このままキタサンが不動の地位で引退となるのか楽しみなところであります。

菊花賞の勝ち馬のキセキはジャパンカップ参戦を視野に入れており、古馬対決も楽しみになってきました。

これにレイデオロも加わると3歳馬のジャパンカップ制覇の可能性もあるかもしれません。

3歳馬が下剋上するというシナリオも頭の片隅に入れておきましょう。

次週はジャパンカップダートへ向けてみやこSが開催されます。

エルムS2着のテイエムジンソク、3歳馬エピカリスあたりが有力どころとなりそうです。

アルゼンチン共和国杯はメンバーを見る限り、レベルの高いGⅡとは言えないメンバー構成です。

ダービー2着馬のスワーヴリチャードに注目とともに今後の日本競馬を引っ張る世代としてはすんなり勝ってほしいですね。

2歳馬の重賞も2レースあり、金土日の3日間開催となります。

熱くなり過ぎず、冷静になりレースを絞り込むことが勝利への第一歩です。

買う予定のないレースを買いたいという気持ちで買うのはご法度です。

遊びと割り切るのであれば問題ありませんが、しっかりと資金管理をしていきましょう。

 

低投資でがっつり万馬券を狙いたい方
49名の1級情報検定士が高配当の方程式を教えます。
無料お試しはこちら
http://www.keiba-database.com/?code=0071

サブコンテンツ