【マキ馬王のコラム 牝馬頂上決定戦】


競馬を生業とする人の予想
http://umakuru.com/pad/?1197
q1.png

登録した方には1万円プレゼント
http://keiba-insight.com/?r=susu02
q2.png

 

マキ馬王のコラム 牝馬頂上決定戦

まず、先週の回顧からです。

 

KBSファンタジーSはベルーガが無敗の2連勝で重賞制覇を飾りました。

鞍上のC.デムーロ騎手は先週に引き続き重賞連勝となりました。

京王杯2歳Sはタワーオブロンドンが格の違いを見せつけ人気に応えての勝利となりました。

アルゼンチン共和国杯は3歳馬スワーヴリチャードがダービー2着の流石ダービー2着という貫録を見せつけ快勝。

次走はジャパンカップに向けて調整をしていく模様です。

みやこSは遅れてきた大器、テイエムジンソクが4コーナーで先頭に立つと他馬を突き放し快勝。

次走はチャンピオンズカップに向けて調整をしていく模様です。

先週は力のある馬が勝ったというような印象の重賞となりました。

今週は牝牝牝また牝、そろそろ牡がくるとみせかけて牝のエリザベス女王杯があります。

ここ数年、牝馬で強かったという印象の馬はジェンティルドンナやブエナビスタ、ウオッカやダイワスカーレットといったところでしょうか。

牡馬をも負かす力を持ったスター牝馬がこの2.3年不在といった感じですね。

今年のエリザベス女王杯の登録馬を見るとそろそろ世代交代になるのかという感じに思えます。

古馬として負けられないのはミッキークイーン、ルージュバック、ヴィブロス。

それを猛追するのが秋華賞上位馬のディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャン。

メンバーを見ても古馬は衰えを感じる馬が多く、3歳馬の勢いに期待したいレースです。

2200mという中距離で穴馬の好走もあるためここには要注意です。

荒れる要素は十分にあるとみているので穴馬に手広く流すのも悪くないレースだと思います。

土曜の武蔵野ステークスはG1馬が多数出走予定で、もはやG1といってもいいレースです。

本番はチャンピオンズカップなので、ここは調整過程と踏んで大きく張ることはお勧めしません。

中穴、穴馬を絡めた馬券で高配当を狙うのは良いと思います。

 

競馬を生業とする人の予想
http://umakuru.com/pad/?1197
q1.png

登録した方には1万円プレゼント
http://keiba-insight.com/?r=susu02
q2.png

サブコンテンツ