マキ馬王のコラム 新女王誕生と激戦区のマイラー


競馬で勝つサイトを探す方法
まず第一歩は「口コミ」です。
あなたの使っているサイトの口コミ本当ですか?
真実を確かめるにはこちら
http://keiba-report.com/cm/?tk004

 

【マキ馬王のコラム 新女王誕生と激戦区のマイラー】

エリザベス女王杯は3歳馬のモズカッチャンが古馬、ライバル3歳馬を激破するという形で新女王の座につきました。

モズカッチャンはフローラSで重賞初制覇をして3歳GI戦線では安定した成績を残している馬でした。

いまいちパンチが足りないかと思いきや、ここで悲願のGI初制覇を成し遂げました。

しかし、こういう大舞台でのM・デムーロの勝負強さというのは流石としか言いようがありません。

クロコスミアは前走逃げ切り勝ちをして、今回は番手の競馬で最後の直線では粘りに粘り2着を確保。

2200mという距離で若干のス ローペースとステイゴールドのスタミナが十分に活きたレースとなった印象です。

ミッキークイーンは宝塚記念3着からの出走でしたが、まだまだ衰えを感じさせない走りをみせました。

牝馬重賞戦での馬券外というのはヴィクトリアマイルのみで、牝馬戦での勝負強さをみせつけました。

期待されていた3歳馬ディアドラ、4歳馬ヴィブロス、5歳馬ルージュバックは残念ながら着外となりました。

しかし、来年もまだまだ活躍できる舞台があるので巻き返しを期待したいと思います。

さて、今週はマイルチャンピオンシップが開催されます。

注目はスプリンターの王者レッドファルクス、最強世代の良血 馬エアスピネル、勢いが止まらないサングレーザー。

他にもイスラボニータ、サトノアラジンなどGI馬も出走予定なのでなかなか予想は難しくなりそうです。

4歳馬はエアスピネルだけで今後のことを考えると上位に食い込んでほしいところではあります。

3歳馬も4頭登録があるので馬券内のチャンスは十分にありそうです。

世代交代が少しずつ始まっていくことを楽しみにこれから年末にかけてのGI戦線を見ていきたいと思います。

同時に来年活躍するであろう馬のチェックも忘れずに行っていきたいと思います。

 

競馬で勝つサイトを探す方法
まず第一歩は「口コミ」です。
あなたの使っているサイトの口コミ本当ですか?
真実を確かめるにはこちら
http://keiba-report.com/cm/?tk004

サブコンテンツ