ジャパンC・レース回顧・シュヴァルグランが金星!!


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX】

サインが出る⇒その場で利益確定と損切りを入れるだけの簡単ルール

あなたのFXに使う時間は1日あたり1分。

最高の時間効率で自由な時間自由なお金をあなたに

時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX
http://toreten.main.jp/
720サイズ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 

ジャパンC・レース回顧・シュヴァルグランが金星!!

スタートがきれいに決まった、今年のジャパンC。好枠を生かし、キタサンブラックが出たなりでハナを切る、戦前の予想通りの展開。

最初の1000M通過が60.2秒。G1戦にしてはスローペース。

今年もキタサンブラックのペースと誰もが思った。大逃げは打たず、後続を引き連れての溜め逃げ。

4コーナで一旦後続が迫りながら再びスパートするのが、キタサンブラック。

しかし、今日は2段式ロケットの2段目が点火せず、最後は、シュヴァルグラン・レイデオロ・に捕まり3着だった。

好位置でレースを進めた、シュヴァルグランに取ってはお誂え向きの展開になった。

もしキタサンブラックが、2段ロケットに点火していれば、交わす事は無理だっただろう。

キタサンブラックは表面上は天皇賞・秋の激戦の疲れがないように見えたが、やはり雨中の天皇賞・秋の疲れは残っていた。

それが3着と言う結果にあらわれている。勝ったシュヴァルグランは間隔十分で仕上がり万全。

この差が大きかった。

2着には今年のダービー馬レイデオロが、入り、3歳馬の能力が高いことを示した。

キタサンブラックは有馬記念がラストラン。1か月後どのようなレースを展開するか注目したい。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX】

サインが出る⇒その場で利益確定と損切りを入れるだけの簡単ルール

あなたのFXに使う時間は1日あたり1分。

最高の時間効率で自由な時間自由なお金をあなたに

時給64,167円の衝撃 トレテンワールドFX
http://toreten.main.jp/
720サイズ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

サブコンテンツ