阪神ジュベナイルF(G1)レース回顧・明暗分かれたオルフェーヴル産駒。


◆◇◆━━━━━<オススメPR>━━━━━━━

万馬券的中率NO.1サイト
http://www.cmjra.jp/?ad_code=w057a
万馬券

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

阪神ジュベナイルF(G1)レース回顧。

明暗分かれたオルフェーヴル産駒。

1番人気のオルフェーヴル産駒・ロックディスタウンは直線伸びを欠き9着に敗れ人気を大きく裏切る背信競馬。

ロックディスタウンに期待した人は痛恨のレースとなった。

もう1頭のオルフェーヴル産駒の2番人気ラッキーライラックは直線鮮やかな脚色で、G1制覇を達成した。

父オルフェーヴルに初のG1勝利をもたらした。

2頭の人気のオルフェーヴル産駒は明暗が大きく分かれる形となった。

やはり阪神のマイル戦の大外枠は厳しいのか?今週の稽古の動きはそれ程キレキレの動きでなかったロックディスタウン。

やはり、本調子ではなかった。

ラッキーライラックはその点使われている強みがあった。

この差は非常に大きいと言える。今後の勢力分布図が大きく塗り替えられたと言っても良い。

今後ロックディスタウンの逆襲はあるのか?大きな注目が集まる。

2着以降は、リリーノーブルがタイトなスケジュールの中2着で本賞金加算に成功したのは大きい。

今後のローテーションが楽になった。3着マウレアも力は出し切った。上位人気で結果を残せなかったのはロックディスタウンだけと言うレースになった。

◆◇◆━━━━━<オススメPR>━━━━━━━

万馬券的中率NO.1サイト
http://www.cmjra.jp/?ad_code=w057a
万馬券

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

サブコンテンツ