レース回顧・今年最初の重賞・京都金杯も武豊騎手で幕開け


選び抜かれた専属エージェントによる関係者情報。
限定プラン・無料コンテンツも充実!
勝ち馬を見極める洗練された洞察力
信じられない的中実績と感謝の声数々
http://keiba-insight.com/?r=susu02

 

今年最初の重賞・京都金杯も武豊騎手で幕開け

1月6日・京都11R・京都金杯では、武豊騎手騎乗のブラックムーンが直線ためていた末脚が爆発して、メンバー中唯一の3ハロン33秒台の33.9秒をマークし、あっさり先行馬をまとめて差し切って勝利。

武豊騎手は京都金杯の勝利で早くも、連続重賞勝利年数を更新しました。

この記録は破られる事はないでしょうね。簡単そうに見えますが、武豊騎手だから出来るテクニックです。これが非常に重要になってきます。

他の騎手は真似をしたくても真似が出来ない神騎乗とも言えます。

今年の京都金杯は、フルゲート割れの一戦だったので、4コーナーでごちゃつく事もありませんでした。

例年ごちゃついて不利を被る馬がいますが、今年は不利を受けた馬は一頭もいませんでした。

今年の京都金杯はそれ程荒れませんでしたね。どちらかと言うと本命党の方が馬券を取り易かったレースだと思います。

金杯は競馬ファンなら誰でも的中させたいレースの1つです。

G3でこれだけ盛り上がるレースは金杯しかありません。

今年も大盛況でしたね。

中山金杯は1番人気・2番人気と上位2頭は順当な結果となり3着が10番人気だったので3連複系の馬券は配当がつきました。

 

選び抜かれた専属エージェントによる関係者情報。
限定プラン・無料コンテンツも充実!
勝ち馬を見極める洗練された洞察力
信じられない的中実績と感謝の声数々
http://keiba-insight.com/?r=susu02

サブコンテンツ