京都記念レース回顧・レイデオロよもやの3着


登録した方には1万円プレゼント
http://keiba-insight.com/?r=susu02
q2.png

 

京都記念レース回顧・レイデオロよもやの3着

乗り替わりが響いたのだろうか?断然の1番人気に支持された昨年の日本ダービー馬レイデオロが同中ややかかってしまいスタミナを消耗。

主戦騎手のルメール騎手が騎乗できず代打騎乗のバルジュー騎手が上手く代役を務める事が出来なかった。

馬場状態も微妙に影響した。

勝ったクリンチャーにとってはおあつらえ向きの馬場状態。

レイデオロにとってはあまり歓迎出来る馬場状態ではなかったが、ここはしっかり勝っておきたいメンバー構成だった。

藤沢和雄調教師はレース後、「また、立て直します」と短く語った。

勝利を信じて京都入りしていただけに陣営にとっても思わぬ誤算となってしまった。

これも競馬の難しさといったところか?馬場状態に見放された。

また、スタートもやや後手を踏み、その為、レイデオロが道中エキサイトするシーンが見られた。

それをなだめるのにバルジュー騎手も大変そうだった。

これではいくらレイデオロが強くても勝つのは難しい。

大阪杯に向けて今後は再調整される。勝ったクリンチャーは調教も良かった。

あとはパンパンの良馬場でどこまでやれるかが今後の課題になってくる。

今日に関しては馬場も味方したがレースセンスも光った。

 

登録した方には1万円プレゼント
http://keiba-insight.com/?r=susu02
q2.png

サブコンテンツ