【オークスレース回顧・強かったアーモンドアイ】


300万円をわずか1か月で手に入れる。
競馬でごく簡単に狙えます。
無料で土日配信で60万
1か月8~10開催で合計300万が見込めます。
自己資金が少なくてもOK
無料でその力を知って下さい
http://umakuru.com/pad/?1363

 

【オークスレース回顧・強かったアーモンドアイ】

距離不安も囁かれる中、終わってみればアーモンドアイは2着リリーノーブルに2馬身差をつける完勝劇だった。

アーモンドアイは父ロードカナロア・母フサイチパンドラと言う血統背景。

父ロードカナロアからスピードを継承し、母フサイチパンドラからは、スタミナを継承している。父ロードカナロアのインパクトが強いのでどうしても距離に関しては不安がつきまとってしまう。

しかし、陣営は距離に関しては自信を持っていた。

アパパネを育てた国枝厩舎。アパパネは母ソルティービットが生粋のスプリンターだった為、かなり距離不安が囁かれていたがオークスは史上初のG1同着。

サンテミリオンと勝利を分け合った。その後秋華賞でも勝利を収め3冠馬になった。

そのアパパネを育てた経験は、国枝調教師に取って大きな自信になったのは間違いない。そしてアーモンドアイも距離をしっかり克服して2冠馬になった。この世代の牝馬では敵なしと言ったところで、3冠濃厚となっている。

2着リリーノーブルは意外だった。距離はベストはマイル前後と思われていただけに2400Mのオークスで好走するのは予想外だった。

結局の所、桜花賞組と別路線組の力関係が鮮明に分かれたと言う事になる。

桜花賞の勢力図は変わらなかったと言うことになる。但し、リリーノーブルは3歳牝馬同士だったので、距離はこなしたが、これ以上強い相手と2400Mを走ったら持たない可能性が高い。

3着ラッキーライラックは今回更に着順を落とし3着になった。

少し立て直しが必要かも知れない。今のままならアーモンドアイに勝つ事は不可能と言ってもいい。

なにかしらのきっかけが欲しい。まだ大崩れしていないだけに巻き返しははかれる。

 

300万円をわずか1か月で手に入れる。
競馬でごく簡単に狙えます。
無料で土日配信で60万
1か月8~10開催で合計300万が見込めます。
自己資金が少なくてもOK
無料でその力を知って下さい
http://umakuru.com/pad/?1363

サブコンテンツ