函館スプリントSレース回顧・鞍上の経験値が勝敗を分けた一戦


300万円をわずか1か月で手に入れる。
競馬でごく簡単に狙えます。
無料で土日配信で60万
1か月8~10開催で合計300万が見込めます。
自己資金が少なくてもOK
無料でその力を知って下さい
http://umakuru.com/pad/?1363

 

函館スプリントSレース回顧・鞍上の経験値が勝敗を分けた一戦

大混戦の中で行われた今年の函館スプリントS。

人気がかなり割れた一戦で馬連配当は10倍以上からと言う究極の大混戦。

どの馬にもチャンスがあったと言えるレース。

池添謙一騎手騎乗のセイウンコウセイは最内枠を生かし、逃げの手に出た。

最後の最後まで後続馬の追撃を完封し、シャットアウト。

見事な騎乗ぶりを披露した。流石は3冠ジョッキー。

セイウンコウセイは洋芝もしっかりこなした。

2着ヒルノデイバローはゴール前強襲し、セイウンコウセイに迫ったが、ハナ差及ばず悔しい2着となったが前走から巻き返しをはかる事には成功した。

昆貢厩舎が勝負をかける時に起用するジョッキーは四位洋文騎手。今回も四位洋文騎手だった。

勝負がかかっていたのはこのコンビなので間違いない。

特に四位洋文騎手は【ヒルノ】の馬に騎乗する事が多いので今回はまさに人気の盲点だった。人気がなかった分気楽に騎乗する事が出来た。

3着ナックビーナスは、三浦皇成騎手騎乗の1番人気だったが好位から抜け出しを狙ったが、セイウンコウセイは捕らえきれず、後ろからきたヒルノデイバローには差し切られるなどキャリアの差が出た感じだが、それでも1番人気の支持に最低限の仕事と言える、馬券圏内の3着までには持ってきたのでそれ程悪い騎乗ではなかった。

今日は池添騎手の好判断が光った。四位洋文騎手も落ち着いて直線勝負に賭けた。

今日は各騎手の持ち味がそれなりに出たレースだったと言える。

300万円をわずか1か月で手に入れる。
競馬でごく簡単に狙えます。
無料で土日配信で60万
1か月8~10開催で合計300万が見込めます。
自己資金が少なくてもOK
無料でその力を知って下さい
http://umakuru.com/pad/?1363

サブコンテンツ