【天皇賞・秋・レース回顧。レイデオロ堂々勝利】


午前中レースで毎週4万プラスだと副業としてもおいしいですよね?!
軍資金、生活費稼ぎにおすすめです。
もちろん無料で見れる範囲なのでお得です。まずは一度お試しを!

⇒ https://miraito.collabo-n.com/lp/stands/?um=7neq5301

確認メールきたらクリックしてログイン!今週のコラボ指数へ

 

天皇賞・秋・レース回顧。レイデオロ堂々勝利

スタートで1番人気に支持されたスワーヴリチャードが他馬に馬体をぶつけられ最後方からの競馬を強いられる予想外の展開。

レースを引っ張ったのはキセキ。ベストの距離からは若干短い感じもしたが前半1000M通過は59.4秒。

淡々とレースを運んだ。直線に入っても脚色は衰える事無くそのまま押し切るのかと思ったほど。

キセキのデキは非常に良かった事が証明されたレース。結局最後まで粘りこみ3着を死守した。

勝ったのはレイデオロ。好位追走から手応え抜群で4コーナーを回ると後は前を行く馬を捕らえるだけだった。

1番の難敵スワーヴリチャードが後方で苦しむ中余裕綽綽に昨年の日本ダービー以来のG1勝利を決めた。

着差以上に強い内容だった。調教過程でのアクシデントを感じさせない非常に力強い走りを見せてくれた。

次走はジャパンCが濃厚。昨年は2着だったジャパンC制覇もこれで視野に入ってきた。まずは天皇賞・秋を制した。

2着サングレーザーの馬体は減っていたがガレた感じはしなかった。次走はマイルCSが濃厚。

マイル戦が1番の得意距離だけに天皇賞・秋を叩かれていい状態で迎えそうだ。それにしても想像以上にレイデオロは強かった。

 

午前中レースで毎週4万プラスだと副業としてもおいしいですよね?!
軍資金、生活費稼ぎにおすすめです。
もちろん無料で見れる範囲なのでお得です。まずは一度お試しを!

⇒ https://miraito.collabo-n.com/lp/stands/?um=7neq5301

確認メールきたらクリックしてログイン!今週のコラボ指数へ

サブコンテンツ