エリザベス女王杯レース回顧・リスグラシュー末脚炸裂!!


PR) 驚きの的中率!競馬を1日楽しみたいなら「勝ちKEIBA」
_________________

どうも不死身のリーマン競馬魂ふじおです。
先日コンビニでレジにて財布のお金が足りないことに気づいて撤退するという
非常に恥ずかしい出来事が。嫁からのお小遣いが完全に少ないせいだと痛感しました。

と、言うことは私は競馬で週末お金を増やすしかない!
そんな時に「勝ちKEIBA」というサイトと出会いました。

あ、僕ですか!?今は高級寿司屋ですよ。勝ちましたから笑

なんでかって?!ここのおかげです(笑)
http://www.keiba-database.com/?code=0071
_________________

 

エリザベス女王杯レース回顧・リスグラシュー末脚炸裂!!

9番人気クロコスミアがマイペースの単騎逃げを打ち、勝ったリスグラシューは中団待機策。

中団でしっかり折り合い勝機を虎視眈々と狙っていた。鞍上はマジックマン・モレイラ騎手。

この馬のポテンシャルの高さは誰しもが認めるところ。

今回に関しては距離に関して不安説もあったが終わって見れば豪脚炸裂で全く距離は問題にしなかった。

まるで距離不安をあざ笑うかのような快勝劇だった。

今年のエリザベス女王杯は、結果的には紐荒れ決着となった。本命党も穴党も明暗がクッキリ分かれた一戦と言える。

人気馬から人気薄に流すのは競馬の鉄則と言える。これが出来た人はしっかりと的中馬券を手にした事だろう。

その波乱を演出したのはクロコスミア。大方の予想通り単騎逃げを打ったが、後ろの組がかわいがり過ぎた為、ゴール前までしぶとく粘った。

やはりこの馬はこの形に持っていけばかなり強い。

3着は連覇がかかったモズカッチャン。昨年程の切れはなかったがしっかりと馬券圏内の3着は確保した。

上位人気馬で結果が案外な馬はいなかった。

それだけに2着・9番人気クロコスミアの好走は際立った。

しかし勝ったリスグラシューの切れ味は流石の一言。

 

PR) 驚きの的中率!競馬を1日楽しみたいなら「勝ちKEIBA」
_________________

どうも不死身のリーマン競馬魂ふじおです。
先日コンビニでレジにて財布のお金が足りないことに気づいて撤退するという
非常に恥ずかしい出来事が。嫁からのお小遣いが完全に少ないせいだと痛感しました。

と、言うことは私は競馬で週末お金を増やすしかない!
そんな時に「勝ちKEIBA」というサイトと出会いました。

あ、僕ですか!?今は高級寿司屋ですよ。勝ちましたから笑

なんでかって?!ここのおかげです(笑)
http://www.keiba-database.com/?code=0071
_________________

サブコンテンツ