【無料版】7月11日 中央競馬予想


Sponsored Link

【メインコメント】
夏競馬になると、土曜日に重賞競走が組まれない事が多い。今週も正しく、そんな週末。

しかし、重賞だけが競馬ではない。確かに重賞競走は華がある。

賞金も高い上に2着馬までに本賞金加算が与えられる。オープン競争になってくると出走に際してこの本賞金が大きくものを言って来る。

実際、G1戦特に3歳馬の一戦は、僅か100万円の本賞金の差で除外されてしまう、有力馬がいる。これは珍しい事ではない。以前からある陣営にとって非常に頭の痛い問題。

1番いいのは、前哨戦で、優先出走権を得る事。優先出走権があれば本賞金に全く関係なく、G1戦に出走する事が出来る。500万円クラスの馬でも優先出走権で3着に入れば本賞金は増えないが、G1へは誰にも文句を言われる事なく出走出来る。このケースの場合は本番のG1で人気薄が予想される穴馬が多い。

競馬ファンからしてみれば、そうした穴馬もG1戦では狙ってみたくなるもの。ここまで本賞金の話を書いてきたが本題の豊明特別について書いていきたいと思う。

この時期の土曜日のメインレースは準オープンの一戦が組まれる事が殆ど。稀に重賞競走が組まれる。重賞だろうと、1600万円クラスの一戦でも50倍が的中すれば配当は50倍。1000円賭ければ5万円。

重賞だからと言って10万円貰えるわけではない。準オープンでも十分過ぎる程この時期は宝の山が散りばめられている。

準オープンは、勝てばオープンに昇級。勝たなければ再び同条件。よく2着を連続する方が馬主孝行と言われているが単勝1倍台の馬で単勝負をする人にとっては困りもの。

準オープンを早く勝ちたい陣営と、しばらくは準オープンでいて欲しい陣営がある。先ず速く準オープンを勝ちたい陣営は素質馬を抱え、早く重賞競走に出走させたい思いがある。

一方、余り早く準オープンを勝って欲しくない陣営は、勝ってしまうとオープン馬の高い壁に跳ね返されてしまい頭打ち状態になってしまう為、準オープンで2着・3着を繰り返している間に馬に実力を兼ね備えるのを待ちたいのが本音。

いきなり勝たれてしまうと、頭打ち状態が明白な陣営は上手く放牧などを挟む。陣営も色々考えている。

豊明特別でも、そのような気配を漂わせる馬が、何頭かいる。ここはきっちり夏競馬の法則に従って的中馬券をお渡ししたい。先週のCBC賞の様なレースは年にそう何回
もあるわけではない。今週は今週でしっかり勝負していく。

【全頭徹底分析】

◎『4・サトノキングリー』

福永騎手と相性は抜群。ここでは大崩は考えられない。連軸期待。

○『1・ピークトラム』

休み明け、降級の1戦。サトノを逆転するならこの馬。

▲『5・フロアクラフト』

調教の動き抜群。前走の大敗は度外視

△3・ラインスピリット
休み明け、降級。状態も良い。

△13マカハ
この距離はこの馬がベストパフォーマンスが出来る距離

△18ゴールドベル
大外枠に入ったのは誤算だが、能力で巻き返し。

△7・サトノネプチューン
同馬主2頭出し。人気では劣るが実力は劣らない。

【この馬に騙されるな!】

消『6・アイライン』

2走ボケの危険性がある。

【その他消し馬見解】

消2・メイショウライナー
消した馬の中では一番怖い存在。

消8・シルクドリーマー
ここ数戦頭打ち。いきなり覚醒は疑問

消9・ワキノヒビキ
まだ3歳。これから伸びる馬。見送り妥当。

消10・ヴィクタープライム
正直ここでは力が1枚足りない。

消11・オビーディント
このクラスで頭打ち。

消12・ロノ
潜在能力はあるが、気性的に問題がある。

消14・サマールナ
このクラスであと少しの競馬をしている。今回試金石。

消15・アンブリジッジ
休み明け何とか間に合わせた印象は否めない叩いてから。

消16・マルタカシクレノン
気温が上がるに連れて成績は悪化。夏は厳しいか?

消17・ビリオネア
準オープンでは2桁着順続き。見送り賢明。

推奨買い目

馬連1-4 3-4 4-5 4-7 4-13 4-18 3連複4→1・3・5・13・18

【総評コメント】
この距離の準オープンは毎回メンバーが集まる。芝の短距離路線はかなり整備されているので、比較的出走は1回弾かれるだけで次は出走出来るパターン。

陣営もそこはよくわかりきっている毎回の事なので、慣れている。後は出走にこぎつけたら、馬をびしっり仕上げるだけ。但し、この時期は馬体重が絞れるのであまり、稽古をやりすぎると、馬体重が大きく減ってしまう場合があるので、調整には細心の注意が必要だ。

馬券を買う前に出来れば馬体重をチェックしたい。

【おまけ・明日のNO.1鉄板馬】
福島11R・阿武隈S 4番パシャドーラ 休み明けを順当に叩かれ良化。連軸期待。

Sponsored Link

サブコンテンツ