【無料版】7月25日 中央競馬予想


Sponsored Link

【メインコメント】
今週も土曜日は重賞競走はなし。夏競馬らしい今週も番組構成になっている。

なかなか重賞競走がない土曜日だと、馬券を買わない人も多い。今週の桶狭間Sは馬券的に面白そうな一戦。ダートの準オープン1400Mで行われる。中京も改築されてから、ダートの番組が増えた。今まではダート1000Mと1700Mだけだったが、現在は1200M・1400M・1600M・1700M・1800M・がメインに使われている。

これだけ距離が増えると番組との兼ね合いにもなってくるが、陣営としても絞りやすい。

しかし、如何せん出走馬が多い。ようやく夏競馬のこの時期になって登録馬が22頭だった。

これが中央開催の春競馬なら40頭は間違いなく登録馬がいただろう。ここが面白い所。

ダートの1400Mを走る馬はその前後の距離でも融通が利くとローテーションにも幅が出てくる。

理想的なのは1200Mから1600Mが適距離の馬。今年も桶狭間Sにゲートイン出来た馬の中にはストレートにゲートイン出来た馬と、紆余曲折あってゲートイン出来た馬がいる。

メンバーレベルは夏競馬にしては高い方。ここをしっかり勝ってオープンに進んでも、好勝負が出来る馬が数頭いる。今年の桶狭間Sは面白い穴馬もいる。

推奨馬券のコーナーではその面白い穴馬も入れて勝負したいと思う。当然、競馬ファンの皆さんからすればオッズは高い方が良いのは当然の事であるが、何の根拠もなく、穴馬だけを狙っても仕方がない。

穴馬が激走するには必ず理由がある。特に何も考えなくても穴馬を拾って高配当馬券を的中させる幸運のい人もいる。

凝縮された情報の中で、皆さんにはこの桶狭間Sで翌日に控える重賞競走に軍資金を膨らませて挑んで頂ければと思う。詳細に関してはレース総評でしっかり書きたいと思う。

【全頭徹底分析】

◎『メイショウオセアン』

前走、降級戦で2着とこのクラスでは力量上位な所をみせた。今回も中心視

○『13・サウンドアドバイス』

前走辛勝で昇級も今回はヤネが大幅に強化。惑星馬。

▲『15・フミノファルコン』

前走は順当に1番人気に応え快勝。このクラスでも力量上位。

△16・コリンブレッセ
馬の能力は文句なし。大外枠に入ったので少し割り引いた。

△4・ハギノタイクーン
状態は引き続き好状態をキープ後は相手関係がどうか?

△10・セトノミッシー
今週の調教の動きが抜群。調教通り競馬でも走ればチャンス。

△5・ドニカナルボーイ
休み明けを叩かれ状態一変。

【この馬に騙されるな!】

消『7・スマートアレンジ』

前走13番人気2着と穴をあけたが、状態が下降線危険な人気馬

【その他消し馬見解】

消1・タイセイマスタング
このクラスでは力量不足。ここは見送り賢明。

消2・シグナルプロシード
休み明け3戦目も一向に良化の気配がない。

消3・プラントハンター
今週の調教が平凡。いつものキレはなかった。

消8・サクセスフェイト
このクラスで頭打ち状態。急覚醒は疑問

消9・グランプリナイト
休み明け仕上がり途上は否めない。

消11・ダンシングミッシー
秋口には好走するが真夏の開催はあまり走らない。

消12・メイショウゾンビ
今一つ掴み処がない馬。今回も良くて掲示板まで。

消14・レッドサクセサー
近4走、二桁着順が示すようにこのクラスでは力量不足。

推奨買い目
4-6 5-6 6-10 6-13 6-15 6-16 3連複6→5・10・13・15・16

【総評コメント】
準オープンのダートの短距離戦としてはメンバーレベルは水準。この時期は気温が高い。特に今年は猛暑で人間も夏バテする人が続出。当然馬も夏負けする馬が出てくる。

そこを見破らないと、大きなしっぺ返しを受けてしまう。但し、なかなか夏負けを見破るのは難しい。

毎週全部の馬の調教をチェックしてデータベースにするには、個人の力ではとてもじゃないが不可能。

専門紙やスポーツ紙でもかなり難しい。本音を思わず言う調教師もいるが、殆どの調教師は夏負けを隠す。

オープンにする理由が存在しない。

確かに人気上位の馬を管理する馬の調教師は、夏負けの兆候と言ってもいいと思うが敢えて自分の馬の評価を戦前から下げる行為をする調教師は殆ど存在しない。

今回の一戦は本命馬6番『メイショウオセアン』が連対する確率はかなり高い。

【おまけ・明日のNO.1鉄板馬】

中京12R・3歳上500万下 8番フェルメッツア 兄フラガラッハはこのコースが大得意。兄同様中京適正は高い。連軸期待。

Sponsored Link

サブコンテンツ