【無料版】8月2日 中央競馬予想


Sponsored Link
【メインコメント】

今年も真夏の風物詩レース、アイビスサマーダッシュの季節がやってきた。新潟直線1000M競馬の唯一重賞競走。1年間に1度だけのGⅢ競走。アイビスサマーダッシュを楽しみに待っている人も多い。中央場所では味わう事が出来ない、ローカル開催独特の重賞。その中でもアイビスサマーダッシュは他の重賞とは違い異彩を放つ。

やはり直線競馬は見ているだけで自然と力が入る。今年は、メンバーレベルは水準並。特に断然の人気になるような馬はいない。その中で新潟直線競馬が得意のセイコウライコー・アースソニックこの辺りが人気の中心になってくる。そしてアイビスサマーダッシュが行われる新潟直線1000Mの競馬は、外馬場を通った馬が圧倒的に有利な為、各陣営とも外枠を引きたい所。

内枠に入っても全く勝負にならない訳ではないが、外枠断然有利のコース。ラチ沿いに馬が内枠の馬も進路を取ってくる。外が断然有利。外枠断然有利の重賞競走が行われるコースは非常に珍しい。外枠=不利。この方程式が競馬ファンの皆さんにはすっかり定着している。

普通に考えて外枠が有利のG1などない上、重賞競走でも外枠が有利な重賞はこのアイビスサマーダッシュと中山・ダート1200Mで争われるカペラSの2つだけだろう。中山のダート1200Mは外枠有利。芝でダッシュがきかせる距離が外枠の方が長い為、中山・ダート1200Mの場合は外枠が有利になる。この様な特殊な条件のコースでない限り外枠は基本的に不利である。その為、陣営は外枠を非常に嫌う。しかし、このアイビスサマーダッシュは外枠希望の陣営が殆ど。内枠を引いた瞬間陣営はガッカリする。枠順だけは運次第なので、これだけはどうにもならない。今年のアイビスサマーダッシュはどの様なレースが繰り広げられるか?

【全頭徹底分析】

◎『14・セイコーライコウ』

絶好枠大外枠を引いた。直線競馬に実績ありチャンス

○『6・リトルゲルダ』

春はG1を使う等、この馬に取っては敷居が高かった。このメンバーならチャンス

▲『8・ヘニーハウンド』

後一歩の競馬が続いているが、名手戸崎が勝利へエスコート出来るか?

△13・ベルカント
直線競馬は合いそう。枠も絶好枠を引いた。

△12・アースソニック
直線競馬の実績あり。前走も好走。夏は強い

△3・サフィロス
久々だが好仕上がり。実力をいかんなく発揮できる。

△11・レイングランド
ここでも好戦が期待できる。前走はフロックではない。

【この馬に騙されるな!】

消『9・シンボリディスコ』

このメンバーでは若干力が足りない印象。展開に恵まれないと厳しい。

【その他消し馬見解】

消1・アンネゲーム
このメンバー相手では苦戦必至。

消2・マコトナワラタナ
スピード勝負の直線競馬。枠も不利。今回は見送り賢明。

消4・フレイムヘイロー
消した馬の中では1番不気味な存在。
消5・サカジロロイヤル
直線競馬だと分が悪い。見送り。

消7・オースミイージー
ダートから芝へ。極限のスピードが求められるここでは厳しい。

消10・エイシントップ
近走不振。能力はある馬だが今回は消し。

推奨買い目

馬連3-14 6-14 8-14 11-14 12-14 13-14

3連複14→6・8・11・12・13

【総評コメント】
今年も究極のスピード勝負を争うアイビスサマーダッシュがやってきた。

JRAで唯一の直線競馬の重賞。この距離でスプリンターズSをやってみたら面白いと思うが、JRAはそこは最後の切り札に取ってあるのだろう。

今年のアイビスサマーダッシュは枠が明暗を分けそうだ。有力馬が外枠を引いた。

本命セイコーライコウは絶好枠の大外14番。

本命にリトルゲルダと迷ったが、枠順確定後に直ぐにセイコーライコウの本命をすんなり決める事ができた。

やはり究極のスピード勝負。直線1000Mの競馬は大外有利。普段なら不利な枠もこのレースに関しては逆転現象が起きる。そこが競馬の面白い所。

今回は人気馬総崩れはないと思う。人気サイドの予想だが、無謀にここは穴狙いは危険と判断した。

Sponsored Link

サブコンテンツ