【無料版】8月16日 中央競馬予想


Sponsored Link

【メインコメント】
新潟11R・関屋記念
今年の関屋記念は思ったように出走馬が集まりませんでした。しかし、G3にしては中々、レベルの高いメンバー構成。ここでしっかりと賞金加算をして秋のG1ロードに進みたい所。頭数が少ない=レベルが低いと言う方程式はあてはまらない関屋記念。

G3はレベルの高いレースとレベルが低いレースがあります。今回の関屋記念は前者です。この秋につながるメンバー構成です。有力馬と穴馬の実力がかなり離れています。混戦ではありますが、上位人気馬と下位人気馬ではかなりの力量差があります。競馬は人気で全てが決まる訳ではありません。人気通りの決着もあれば人気馬が壊滅するシーンも珍しくありません。特に夏場は人間ですら、体調を維持するのが大変です。サラブレットも相当なケアが必要です。

そうは言ってもゲートインしてしまえば、後はジョッキーの手綱捌きにかかってきます。しかし、夏負けをしている馬はいくら上手いジョッキーが騎乗しても非常に厳しいものがあります。夏競馬は炎天下の下行われるので、当日の馬体重もチェックが必要です。

1日にトップジョッキーが10鞍程騎乗すると3キロは痩せると言われています。当然サラブレットは1レースですが、ジョッキーが限界ギリギリの消耗戦を演じている訳ですから、サラブレットもかなり極限状態の馬もいます。1年間でもっとも過酷なのが夏競馬です。家でクーラーをかけながら、競馬を楽しむ人にはこの感覚はわからないと思います。

競馬場に行ってみればわかりますが、炎天下で灼熱の太陽が降り注ぎます。とても朝から最終レースまでは、ゴール前で立っていたら、間違いなく熱中症になります。今年の関屋記念は、暑さとの戦いもあります。猛暑の中の関屋記念。果たしてどんな結末になるのか?

【全頭徹底分析】

◎『1・サトノギャラント』

前走は相手が強すぎた。前走は度外視。コース実績のある新潟で復活。

○『12・レッドアリオン』

既に重賞は勝っているように能力上位。ここでも当然中心視。

▲『3・スマートオリオン』

この距離はベストの距離。1000Mから1600Mが得意の距離。後は相手関係。

△5・カフェブリリアント
休み明けも仕上がり絶好。夏は牝馬。切れ味で勝負。

△7・シャイニープリンス
休み明け、仕上がりはまずまず。休養前より状態は良い。

△9・ゴールドベル
今週の稽古が秀逸。ここでもヒケをとらない。要注意。

【この馬に騙されるな!】

消『11・エキストラエンド』

潜在能力の高い馬だが、今回はピークのデキにない。鞍上で過剰人気も注意。

【その他消し馬見解】

消2・エールブリーズ
前走は惜しい競馬も競馬に惜しいはない。今回は相手関係が厳しい。

消4・マジェスティハーツ
この馬の適距離は2000M前後。少しマイル戦は忙しい。

消6・アルマディヴァン
前走は中京記念で穴をあけたが今回は試金石の一戦。

消8・アルバタックス
展開の助けが必要。自力では厳しい。前が速くなればチャンスもある。

消10・ヤングマンパワー
NHKマイルC以来の一戦。古馬と戦うのは初めて。割引必要。

推奨買い目

馬連1-3 1-5 1-7 1-9 1-12

3連複1→3・5・7・9・12

【総評コメント】
今年の関屋記念も猛暑の中行われる。炎天下の灼熱の太陽は人馬ともに体力を消耗する。そんな夏競馬の中にある関屋記念。今年は12頭の争い。もう少し頭数が揃って
欲しかったのが本音だが、このメンバーならまあ良しとしなければいけない。
当日の馬体重が大きなカギを握るので、当日は馬体重にも注目して欲しい。
あまり変動が激しい馬は、消した方がいいかも知れない。基本的にサトノギャラントの軸は不動。
ここはすんなり突破するだけの潜在能力は持っている。後は上手く流れに乗れれば、おのずと結果はついてくる。
相手も印の馬が有力。危険な人気馬もしっかり見極めないといけない。ジョッキーがデムーロだからと
飛びつくと痛い目に遭う。

Sponsored Link

サブコンテンツ