【無料版】8月22日 中央競馬予想


Sponsored Link

【メインコメント】

札幌日刊スポーツ杯。今年は頭数が揃った。やはり猛暑の影響か気温の低い北海道で滞在競馬をした方が、馬の調整をしやすいのは間違いない。

また今年のメンバーは面白いメンバーが揃った。各馬一長一短。どの馬にもチャンスがありそうだ。札幌はオッズが動きやすい。

札幌日刊スポーツ杯が行われるのは、8月22日。

しかし、前日発売は8月21日午後7時30分から。前日発売のオッズはあまりあてにはならないが、明らかにおかしなオッズの変動がある馬がいるのも事実。

前日から、ずっとオッズを追っかけるのは疲れるだけなので、そんな事をする必要がないが、単勝オッズが2倍なのに複勝オッズが7倍から10倍ついている馬は怪しい。ここは消しても良い馬に分類される。なかなか、上位人気の馬を消すのは勇気のいる事しかし、競馬で勝つ為にはその勇気は非常に重要な事。ここで1頭消せれば、かなり効率の良い馬券購入になる。

そのレースで大波乱が起ったらそこは直ぐに割り切った方がいい。いつまでも引きずらない事が重要。

今年は大波乱はまずないとみている。小波乱から中波乱と見ている。

やはりレースのカギを握るのはどのレースもそうだがやはり逃げ馬。特に人気薄の逃げ馬には注意が必要。人気薄の逃げ馬は買いの格言がある通り。そんなにしこたま買う必要はないが抑えておいて損はない。今年の札幌日刊スポーツ杯では、4頭の馬連ボックスか5頭の馬連ボックスで万全を期したいと思っている。

詳しくはレース総評で書きます。

札幌11R・札幌日刊スポーツ杯

【全頭徹底分析】

◎『4・サトノメサイア』

洋芝適正は高い。こんかいこそこのクラスを卒業したい。

○『12・クルーガー』

休み明け叩き2戦目前走も快勝。ここでも大崩はない。

▲『6・シャンパーニュ』

休み明けを叩かれ気配が上昇。状態は間違いなく前走以上。

△5・クロニカルスカイ
非常に気分屋な馬だが、今週は稽古でも集中した走り。連下なら。

△10・ラルプデュエズ
長い距離はあっている。ここでも大崩はない。

△7レッドルモンド
このクラスでも十分戦える馬。テン乗り藤田がどう乗るか?

△9・シンボリジャズ
休み明けを叩かれ上昇。勝負気配が漂う。

【この馬に騙されるな!】

消『3・ヴェラバルスター』

休み明け、イマイチ。いきなり良くなるとは思えない。人気先行型。

【その他消し馬見解】

消1・パリソワール
このクラスでは頭打ち状態。いきなりの覚醒は疑問。

消2・パッショネイトラン
正直ここでは、メンバーが強い。軽視賢明。

消8・トゥインクル
今回は相手が揃った印象は否めない。試金石の一戦。

消11・ヤマニンプードレ
なかなか長距離で結果がでない。走ってもおかしくはない。

消13・アドマイヤネアルコ
このクラスで頭打ちにの上今回は休み明け。厳しい。

消14・シップウ
正直、今回は厳しい。良くて掲示板まで。

推奨買い目

馬連4-5 4-6 4-7 4-9 4-10 4-12

3連複4→5・6・9・10・12

【総評コメント】
サトノメサイアが混戦を絶ち切る。札幌の2600Mの長距離戦。このクラスでこの番組は少ないので、長距離馬は確実に勝っておきたい。
相手は手広く6頭とした。距離の適性にどの馬も問題はない。しかし、印を打った馬と無印の馬の実力差は大きい。
唯一危険な人気馬とした。ヴェラバルスターが能力はある。しかし今回は危険な人気馬で消し。
2600M戦。ジョッキーの駆け引きがものをいってくる。この札幌日刊スポーツ杯も色々な展開が予想される。
非常に玄人好みにレース。勝つチャンスの馬が多いレース。上位拮抗大混戦の一戦だけに馬券を買う人もテレビの前で熱くなる。

Sponsored Link

サブコンテンツ