【無料版】8月23日 中央競馬予想


Sponsored Link

【メインコメント】
札幌11R・札幌記念(G2)
今年の札幌記念のメンバー構成は例年に比べやや小粒な印象。それでもラキシスやラストインパクトと言ったG2なら役者が違う馬も出走してきた。当初はルージュバックの復帰戦とも言われていたが、ルージュバックは回避した。今年の夏は特に暑い。

しかし、暑さのピークは通り過ぎた模様。後は秋競馬に向けて気温も徐々にではあるが下がってくる。

この札幌記念は、天皇賞・春へ直結するレースとして有名。

そしてG2の中では賞金が高い、スーパーG2と呼ばれている。2歳G1よりも賞金が高い。

また、サマー2000シリーズ唯一のG2競走でもある。サマー2000シリーズの制覇を目論む陣営と、天皇賞・秋に良い形で進みたい陣営の駆け引き合戦の舞台でもあり、毎年非常に見応えのあるレースが繰り広げられる。

今年もそれは変わらないだろう。断然の1番人気になるような馬が今年は存在せず1番人気でも単勝3倍前後が予想される。

単勝勝負する人にはうってつけのレース。

そして札幌競馬場が舞台なので、どんなに中央場所で良績を残していても札幌競馬場は洋芝。脚にまとわりつくので、なかなかスピード決着にはならない。

そして連勝していた馬が準オープンのレースで断然の1番人気を裏切るシーンも珍しくはない。

これは当然、札幌記念にも言える事で、有力馬が思いもよらない凡走をした時は洋芝適正を疑った方がいい。

人気を落として次走楽勝と言うケースが多々ある。札幌競馬場は非常にトリッキーなコース。

そしてスピード・スタミナは勿論、パワーも必要。この辺りは各陣営が一番よくわかっている事だと思う。今年の札幌記念の軸馬は先週から決めていたので、当然その馬からの勝負となる。詳細はレース総評にて。

【全頭徹底分析】

◎『12・トーホウジャッカル』

休み明けの宝塚記念を叩かれ、気配上昇。無様な競馬は出来ない。

○『4・ダービーフィズ』

函館記念からの連勝を狙う。前走が初重賞V。連勝狙う。

▲『ラキシス』

大物食いが得意な馬。実績も十分ここでも侮る事は出来ない。

△13・トウケイヘイロー
展開のカギを握る逃げ馬。軽視は出来ない。

△9・ステラウインド
前走は力のある所を見せた。夏は得意ここでも見せ場十分

△14・ハギノハイブリット
前走、ダービフィズに惜敗。重賞でも戦える能力はある。

△5・ヒットザターゲット
このクラスでも展開がはまれば勝てるだけの力を持っている。

【この馬に騙されるな!】

消『7・ラストインパクト』

相手成りに走る馬。今回は休み明けの分割り引いた。

【その他消し馬見解】

消2・フレージャパン
正直、重賞戦線では厳しい。軽視賢明。

消3・まだ自己条件でも大敗が続いている。勝負にならない。

消6・サイモントルナーレ
このメンバーに入ると格下。ここは見送り賢明。

消8・ヤマカツエース
函館記念は3着と好走。しかし2着馬とは離された。

消10・ハナズリベンジ
まだ1000万クラスの馬。常識で考えてもここでは厳しい。

消11・ディサイファ
G3までなら良い競馬をする馬。G2のここでどうか?

消15・サクラアルディート
今週の稽古が平凡。物足りなさが残る

推奨買い目

馬連1-12 4-12 5-12 9-12 12-13 12-14

3連複12→1・4・5・9・14

【総評コメント】

G2の中でも賞金が高い事で知られる札幌記念。

競馬ファンの間では、スーパーG2の愛称で親しまれている。

当然出走して来る馬も、レベルが高い。

しかし、今年は自己条件の馬が数頭出走してきているように、能力差の非常に激しいレース。

本命馬・トーホウジャッカルは昨年の菊花賞馬。秋のG1路線で活躍する為にもここでしっかり結果を残しておきたい所。

稽古の動きもよく、中心視で問題ない。

秋に向けてしっかり勝ちたい所。対抗以下印をつけた馬はそれほど、能力差はない。

ここはトーホウジャッカルがどの様な競馬をするか注目したい。

Sponsored Link

サブコンテンツ