【無料版】9月13日 中央競馬予想


Sponsored Link

【メインコメント】
阪神11R・セントウルS
いよいよ、サマースプリント王者が決定する。5000万円のボーナスは非常に大きい。G3の賞金よりも高い。今年は少し面白い展開になった、出走するだけでサマースプリントシリーズが優勝が決定したベルカントがスプリンターズSに照準を合わせた為、何と、5000万円のビッグボーナスをわざわざ自ら辞退する異例の展開。勝負をしなくても出走していれば5000万円が入ってきたのである。確かにベルカントが出走すれば人気が集めるのは間違いないので、ファンの事も考えての回避とも言える。

ここで今年のサマースプリントシリーズは混沌としてきたが、ここでも駆け引きがある。藤原英厩舎は、ストレイトガールとウリウリの2頭出し。G17馬のストレイトガール。前走重賞初制覇をした絶好調ウリウリ。ウリウリはこのセントウルSを勝利すれば、サマースプリントシリーズ優勝の可能性がある。あくまでも条件つきだが、かなりの確率でここを勝てばサマースプリントシリーズ優勝は視界に入って来る。

ここでストレイトガールも潜在能力からいけば当然首位争いをしてもおかしくない。最後にウリウリが自力で勝つ事が出来るか?興味はこの一点に絞られる。一体、藤原英厩舎2頭出し。当然サマースプリントシリーズ優勝馬を出せば、厩舎にもボーナスが入って来る。ウリウリが勝てば、ボーナス確定的。ストレイトガールが勝てばセントウルSの1着賞金の10%のみの進上金が入ってくるのみ。ここで既に呆気引きははじまっている。

当然厩舎としては、ウリウリに勝って欲しいのだが、そんなに上手くはそうそう簡単にはいかないのが競馬である。果たしてサマースプリントシリーズの王者にどの馬がなるのか?セントウルSでは包囲網が形成される可能性もある。

阪神11R・セントウルS

【全頭徹底分析】

◎『16・ウリウリ』

今週の稽古の内容が秀逸。勝って、サマースプリントのタイトルを獲りたい。

○『2・リトルゲルダ』

昨年の覇者。ベストのコース距離。好勝負。

▲『11・マヤノリュウジン』

切れ味はG1級。破壊力満点の末脚が炸裂するか?

△8・バーバラ
能力が高い割にはあまり人気がない。叩き3戦目勝負。

△12・ストレイトガール
ヴィクトリアマイルでG1初制覇。べストはマイルも能力でカバー。

△13・ミッキーラブソング
ここでも能力は見劣りはしない。好勝負。

△5・ホウライアキコ
ここ2戦良い所がないものの、潜在能力は高い。

【この馬に騙されるな!】

消『7・ハクサンムーン』

春は復活をかんじさせる競馬をしたが、今回はマークが1番厳しい。

【その他消し馬見解】

消1・マテンロウハピネス
まだ3歳馬。古馬との力量差があるのは否めない。

消3・メイショウツガル
ここでは正直荷が重い。苦戦必至。

消4・サカジロロイヤル
オープンに昇級してから、壁にぶち当たっている。ここは軽視。

消6・アクティヴミノル
春は重賞2着などそれなりに走ったが、今回は少し荷が重い。

消9・マイネルエテルネル
前走、北九州記念は13着と惨敗。全く見せ場なし。苦しい。

消10・ルチャドルアスール
馬の状態、戦績はそれなりに良いが、重賞で鞍上平野は割引。

消14・ブランダムール
休み明けを叩かれ気配上昇も、相手関係が厳しい。

消15・メイショウイザヨイ
ここ2戦二桁着順と精彩を欠く走り。ここでは厳しい。

推奨買い目

馬連2-16 5-16 8-16 11-16 12-16 13-16

3連複16→2・5・8・12・13

【総評コメント】
今年のセントウルSは、出走するだけでサマースプリントチャンピオンが決定するベルカントが何と回避。

スプリンターズS1本に照準を絞ってきた。目先の5000万円より、G1馬の勲章を選んだと言う事だろう。それ以外回避する理由が見当たらない。

今回、本命はウリウリ。大外枠だが問題ないだろう。ウリウリと同厩舎の、ストレイトガールにも注目。こちらは既にG1馬。

人気程その他の馬も能力に差はない。印を回した馬にはチャンスがある。ハクサンムーンは今回は玉砕すると判断し消した。

Sponsored Link

サブコンテンツ