【無料版】9月20日 中央競馬予想


Sponsored Link
【メインコメント】
阪神11R・ローズS

秋華賞トライアル・ローズS。3着までに秋華賞の優先出走権が与えられる。桜花賞馬レッゴードンキ・オークス馬・ミッキークィーンが登場する。前哨戦としてかなりの白熱した攻防が繰り広げられる。この2頭の中で唯一桜花賞・オークスに出走したのは、桜花賞馬レッゴードンキだけ。オークスは10着に敗れたが、桜花賞は自分の競馬に持ち込み快勝している。

オークスは少し距離がこの馬にしてみたら長かったか?ローズSは1800M。本番の秋華賞は2000M。果たしてここでどんな競馬をするのか?

オークスで遂に悲願のG1制覇を成し遂げた、ミッキークィーン。桜花賞の除外の鬱憤をまずは、桜花賞当日の忘れな草賞で快勝しオークスへの本賞金加算に成功。

オークスでは自慢の豪脚が炸裂して、ルージュバック・クリミナルのキャロット勢をまとめて差し切った。

この馬の持っているポテンシャルは相当高い。桜花賞に出走していても間違いなく勝ち負けを演じていた可能性が高い。

そして3戦3勝の無敗馬、ディープジュエリー。春はオークスの優先出走権を掴みながら、オークスには出走せず。

馬の状態を鑑みた英断と言ってもいいだろう。なかなかG1に出走させたくなるものだが我慢した。決め手は上位なだけに、ひと夏をこした成長した姿がみられる。

勿論、この3頭で決まった訳ではない。伏兵馬の出番も十分にある。

基本的には有力馬は休み明け。当日の馬体重には注目しておきたい。

特にショウナンアデラは阪神JF以来の一戦なのでどれだけ馬体重が増えているのかチェックをしておきたい。

【全頭徹底分析】

◎『8・ミッキークイーン』

前哨戦からエンジン全開。オークス馬の威厳を示す。

○『3・アンドリエッテ』

本番だと少し空回りするが、前哨戦は得意。好勝負。

▲『12・ディープジュエリー』

3連勝・無敗と話題の多い馬。持っているポテンシャルはかなり高い。

△4・シングウィズジョイ
オークスは17着惨敗も放牧でパワーアップ。巻き返す。

△13・トーセンビクトリー
この夏の上がり馬。名手武豊がどこまで上の着順に持ってこれるか?

△15・タッチングスピーチ
今週の稽古の動きは文句無し。侮れない1頭。

△6・ライトファンタジア
格下馬だが、潜在能力はかなり高い。下剋上なるか?

【この馬に騙されるな!】

消『10・レッゴードンキ』

この馬のベストパフォーマンスが出来るのはマイル戦。1ハロン距離が長い。

【その他消し馬見解】

消1・レッドカーラ
このメンバー相手では少し厳しい。見送り賢明。

消2・デルマディカラカラ
消した馬の中では一番不気味な存在。

消5・プレミオテーラー
前走、漸く未勝利を脱出。いきなり重賞のこのメンバーはきつい。

消7・ベルフィカ
春、クラシックは桜花賞13着。オークス14着と惨敗。上がり目はない。

消9・サンクボヌール
このメンバー相手では自分の競馬に持ち込めても掲示板まで。

消11・レーヴドブリエ
態勢は整ったが、もう1本追い切っておきたかった。

消14・ティーエスクライ
基本的に短距離馬。1800Mは明らかに長い。

消16・クィーンズリング
後もうひとつパーツが加われば、この相手でも通用するが、ワンパーツ足りない。

消17・メジャーガラメキ
ここは相手が強力。極端な戦法を取らないと厳しい。

推奨買い目

馬連3-8 4-8 6-8 8-11 8-13 8-15

3連複8→3・4・6・11・13

【総評コメント】
秋華賞トライアルローズS。ショウナンアデラが回避したのは少し残だが、それでもメンバー的に好メンバー―が顔を揃えた。

桜花賞馬・レッゴードンキ・オークス馬ミッキークィーン。千両役者は出走してきた。

本命はミッキークィーン。休み明けでも自慢の末脚は健在。

ここを叩かれて本番の秋華賞での戴冠を目指す。

なかなか、絞り辛いレースではあるが、レッゴードンキを距離不向きと判断して消した。

これで大分馬券も絞れる。

最初ボックス勝負も考えたが配当妙味に少し欠ける可能性があるのでミッキークィーンからの流し馬券で勝負した。

ミッキークィーンは期待に応えてくれるはず。

Sponsored Link

サブコンテンツ