【無料版】10月24日 中央競馬予想


Sponsored Link
【メインコメント】

今年の富士Sはなかなか個性的なメンバーが揃った。春のNHKマイルCを制したクラリティスカイがここから始動。

大目標であるマイルCSに向けてどの様な競馬を見せるか注目が集まる。素質馬サトノアラジン。

春は海外遠征していたワールドエース等、勝負になる馬が多数出走してきた。

サトノアラジンはエプソムCでは天皇賞・秋で1番人気が予想されるエイシンヒカリと僅差の競馬をしている事を考えると、G3のここはアッサリ勝ち上がっても何ら不思議ではない。

ワールドエースは春は海外遠征をしたが結果が残せなかった。

放牧で完全にリフレッシュされて英気を養った。

まだまだ老け込むのは早う過ぎる。

今年の成績は全て海外遠征のものなので度外視していいだろう。

海外は強者揃い。なかなか壁は高い。

クラrティスカイはNHKマイルC快勝して以来の一戦。

ひと夏をこして馬体に更に身が入った印象。

今回も得意の府中マイル戦。

初戦から臨戦態勢は整った。初戦から好勝負。

その他の馬もフルーキー、グランシルクなど実力馬が名を連ねる。中山巧者ロゴタイプが出走してきた。

ロゴタイプは良績が中山に集中している。

その他の競馬場と中山だとまる別の馬の様な走りをする。府中のマイル戦でも実力を発揮する事が出来るか?

能力はこのメンバーでは互角なだけに、コースの相性の克服さえ出来れば馬券圏内に来る可能性は十分ある。

【全頭徹底分析】

◎『11・サトノアラジン』

エプソムCでは、エイシンヒカリにクビ差惜敗。能力高い。

○『16・フルーキー』

前走快勝後も順調そのもの。勝負気配ら漂う。

▲『3・ダノンプラチナ』

昨年の2歳チャンピオンが登場。皐月賞は距離が長かったマイルはベスト。

△15・グランシルク
休み明けを1度叩かれ確実に上昇。

△5・ヤングマンパワー
放牧後は重賞戦で、3着・3着と安定している。ここでもみ劣らない。

△6・クラリティスカイ
NHKマイルCを制覇した脚を初戦から繰り出せるか?

△9・カレンブラックヒル
人気薄の逃げ馬は怖い。コース実績もあり要注意。

【この馬に騙されるな!】

消『14・ロゴタイプ』

究極の中山巧者。府中では実力が発揮しきれない。

【その他消し馬見解】

消1・ブレイズアトレイル
正直このメンバーに入ると格下感は否めない。

消2・シャイニ―プリンス
重賞だと少し家賃が高い。ここは見送り賢明。

消4・マイネルホウオウ
前走は人気薄で穴を開けたが安定感に欠ける。

消7・シェルビー
休み明けを叩かれたが、良化はイマイチ。

消8・ヤマカツエース
消した馬の中では一番不気味な存在。一発も。

消10・アルマワイオリ
休み明けも仕上がりイマイチ叩かれてから

消12・アルバタックス
今一つ重賞だとパンチ力不足。鞍上岩田でどこまで。

消13・ワールドエース
春は海外遠征も全く結果です。国内でも不安残る。

推奨買い目

馬連3-11 5-11 6-11 9-11 11-15 11-16

3連複11→3・5・9・15・16

【総評コメント】
G3のメンバーでは標準のメンバー構成。丁度これ位がG3ならあっている。

メンバーレベルは標準より少し上。標準と一言で言っても色々ある。

今回は10段階で言ったら6か7のメンバー構成。ここから本番のマイルCSで好走する馬が出てもおかしくない。

各馬出来は良い。府中のマイル戦は、スピードだけでは通用しない。スタミナも要求されるタフなコース。

2000M位走れる馬が丁度良い。そういった面ではロゴタイプあたりが面白いが、如何せん極端な中山巧者。頭を悩ます。しかし、ここは流しで挑む。

Sponsored Link
【オススメ少頭数レース】

東京6R・3歳上500万下
◎4・ポルトボナール この距離はあっている。粘り込み狙う。
○8・オペラハット この条件ベスト鞍上も戸崎で信頼度アップ。
▲5・キネオフォルツァ 休み明けも仕上がり良し。好勝負
△9・セプテントリオ 休み明けを1度叩かれ気配上昇。
複勝4
ワイド4-5 4-8
3連複4→2・5・8・9

おまけ(毎週1つ限定版より紹介)

【NO.1鉄板馬】

京都8R・3歳上500万下
14番ベック。近走安定。そろそろこのクラスを卒業したい所。連軸信頼。

以上です。

よろしくお願いします。

123321
1717

Sponsored Link
 

サブコンテンツ