【限定版】10月31日 中央競馬予想


Sponsored Link

~~~~~~~~~~~~~~

【全レース情報】

※左が軸推奨、右が消し推奨
◎付き軸馬は高確率オススメ
東京1 軸『13』切【2・3・12】
東京2 軸『10』切【3・6】
東京3 軸『12』切【1・8・13】
東京4 軸『』切【】該当馬なし。
東京5 軸『』切【】該当馬なし。
東京6 軸『11』切【1・4・5】
東京7 軸『5』切【7・8】
東京8 軸『11』切【6・7・13・18】
東京9 軸『12』切【4・10・11】
東京10 軸『12』切【1・3・15・16】
東京11 軸『◎15』切【1・7・12】
東京12 軸『1』切【12・15・16】

京都1 軸『10』切【1・11・12】
京都2 軸『8』切【1・2】
京都3 軸『11』切【1・5・8】
京都4 軸『』切【】該当馬なし。
京都5 軸『』切【】該当馬なし。
京都6 軸『7』切【6・8】
京都7 軸『1』切【4・5】
京都8 軸『2』切【3・5】
京都9 軸『3』切【1・7・9】
京都10 軸『9』切【6・8】
京都11 軸『◎14』切【3・4・12】
京都12 軸『7』切【6・13・15】

福島」 軸『12』切【6・7・14】
福島2 軸『11』切【2・7・9】
福島3 軸『11』切【4・5・8】
福島4 軸『』切【】該当馬なし。
福島5 軸『』切【】該当馬なし。
福島6 軸『2』切【11・12・14】
福島7 軸『4』切【1・5】
福島8 軸『9』切【1・7・8】
福島9 軸『12』切【5・6・8】
福島10 軸『9』切【1・7・8】
福島11 軸『15』切【7・8・12】
福島12 軸『◎7』切【3・6・8】

~~~~~~~~~~~~~~

【勝負レース】

東京11R・アルテミスS

◎『15・メジャーエンブレム』

ここ2戦人気通りに連勝。来春のクラシック候補NO1との呼び声も高い。
今回は大外枠に入ったが影響は殆どなし。むしろこれ位のハンデを与えないと異次元の末脚の餌食になる。

○『13・カイザーバル』

言わずと知れた超良血馬。新馬戦のパフォーマンスは圧巻。
ゴール前の鋭い伸び脚は1頭だけ次元が違った。今回はメジャーエンブレムと一騎打ちになる可能性が高い。

▲『11・エスティタート』

上記2頭に割って入る余地があるとすればこの馬。新馬戦のレースセンスは光った。
前走は取りこぼしたが展開のあや。能力的には勝馬と同等以上のものがある。

△(穴or大穴)10・クロスコミア
前走、札幌2歳Sではなかなか味のある競馬で3着好走。
8番人気と低評価だったがまるであざ笑うかのごとくしっかり馬券圏内に来た。広い東京コースも合う。

【コメント】
15番メジャーエンブレムと13番カイザーバルの一騎打ちムードメジャーエンブレムはサンデーレーシング。
カイアーバルは社台レースホースの所有馬。そしてそこに割って入るエスティタートはキャロットファームの所有馬。

もうここまで書けば勘の好い人はピンときたはず。全て社台系列の一口馬主である。鞍上もメジャーエンブレム・ルメール。カイザーバル・Cデムーロ。
エスティタート武豊。馬の質。馬主の格。騎手の腕。
全てが他馬を上回っている上記3頭の競馬になる確率は高い。後は、クロコスミアがどこまで善戦できるか。

推奨買い目
馬連ボックス10・11・13・15
3連複ボックス10・11・13・15

~~~~~~~~~~~~~~

【少頭数レース予想】

京都10R・八坂特別
◎9・サングレアル 放牧を挟みパワーアップ。好勝負。
○4・ダイシンフラッグ 休み明けで人気は無いが侮れない存在。
▲7・ピオネロ このクラスの安定勢力。気分次第。
△10・ケツァルテナンゴ 前走は叩かれ一変。前走時の状態キープ
複勝9
ワイド4-9 7-9
3連複9→3・4・7・10

京都8R 萩S
◎2・スマートオーディン 5頭立と小頭数の一戦。頭固い。
○1・プロフェット    何処まで太刀打ち出来るか。
▲4・ブラックスピネル  今回は相手が悪い。
複勝2
馬連1-2 2-4
3連単2→1→4 2→4→1

東京7R・3歳上500万下
◎5・アンヴェイルド 府中のこのコースは得意舞台。
○6・マカワオクイーン 休み明けを叩かれ気配上昇。鞍上強化。
▲2・バイタルフォース 休み明けも好仕上がり。好勝負。
△10・インハルション 前走はスタートエンジンがかかるのが遅かった。五分なら。
複勝5
ワイド2-5 5-6
3連複5→1・2・6・10

~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

京都11R・スワンS
【メインコメント】

G2にしては少しメンバー構成が薄い印象は否めない。また、能力差がかなりはっきりしている一戦とも言える。

このメンバーの中で一際目をひくのが、春の安田記念4着馬【フィエロ】

このメンバー相手なら本番のマイルCSを前に負けは許されない所。

鞍上も、しっかりデムーロを確保。秋初戦から勝負度合いは一際高い。

そろそろ【フィエロ】もG1タイトルの勲章が欲しい。

その為には前哨戦である、このスワンSを勝って本番に向わないといけない。

モーリス等の強敵が出走してきた、スワンSなら話は別だが、ここは断然の人気になるのは確実な情勢。

ファンも【フィエロ】』の強い競馬をみたい。

その為のここはあくまで通過点に過ぎない。

通過点での取りこぼしは相撲で言うなら白鵬が金星を供給するようなもの。

【フィエロ】はそれだけのものを背負っている。いや背負わなければいけない。

ここは素直に【フィエロ】を連軸すえるのがベスト。

2番手グループが大混戦。【フィエロ】から流して人気馬が壊滅すると、流石に【フィエロ】が断然人気とはいえ、少しは配当の色はつくだろう。

30倍から40倍の中波乱決着くらいが丁度良い。翌日には天皇賞・秋も控えているので少しは軍資金を稼いでおきたい。

それにしても2番手グループが大・大・大混戦である。そう流しをしたいと言ったら大袈裟だが、甲乙つけがたい。レベルが低い部分で甲乙つけがたいと言う意味。余りにも【フィエロ】と、2番手グループの差が大きい。

【全頭徹底分析】

◎『14・フィエロ』

実績最上位。能力断然。休み明けも死角なし。

○『1・サトノルパン』

前走は準オープンを快勝。昇級初戦もチャンスアリ。

▲『10・テイエムタイホー』

放牧でじっくり立て直されてここへ。春のリベンジなるか?

△9・オメガヴェンデッタ
鞍上・岩田との新コンビで上位進出を目論む。

△15・ティーハーフ
スプリンターズSの疲れはない。この距離も問題なし。

△13・ダイワマッジョーレ
春は全く良い所が無かった。この秋で本領発揮する。

【この馬に騙されるな!】

消『5・ベルルミエール』

距離が1ハロン長い。最後の最後にばてる。

【その他消し馬見解】

消11/・アルビアーノ・
春は良い感じの競馬が出来ていた。秋になり余り成長を感じない。

消6・エーシントップ
良い頃の覇気が全くない。全盛期は過ぎたか?

消7・コパノリチャード
ここ数戦結果が全く出ていない。早くも冬眠に入ったか?

消2・サンライズメジャー
今ひとつ安定感に欠ける走り。安定感が欲しい。

消3・バクシンテイオー
流石にG2では一枚力が落ちるのは仕方がない。

消4・フミノムーン
激走があってもおかしくはないが、その確率は低い。

消12・リトルゲルダ
良い頃のデキには程遠い。また距離も1ハロン長い。

消8・ローブディサージュ
高松宮記念から歯車が狂いだした。ここも軽視賢明。

推奨買い目

馬連1-14 9-14 10-14 13-14 14-15

3連複14→1・9・10・13・15

【総評コメント】
ここは素直に【フィエロ】から入るのが賢明。無謀な穴狙いは出来ない。
但し、【フィエロ】から人気上位の馬に流しても配当の恩恵ははない。
中穴狙いが1番良いと判断。何頭か人気馬も抑えたが、人気と実力の差がそうない組み合わせ。
【フィエロ】だけは完全に能力が抜けきっている。【フィエロ】の鞍上デムーロにかかる重圧は大きいが、プレッシャーとは無縁のジョッキーしっかり人気に応える。
後は相手。どの馬が馬券に絡んで来るか?ここも大きなポイント。
今回は本命党の方も穴党の方もどちらも出番。【フィエロ】に流石の穴党の方もノーマークとはいかないだろう。
面白い馬券の買い方としては【フィエロ】の馬単2着付け。かなりのギャンブルプレーだが炸裂すると恩恵は大きい。

~~~~~~~~~~~~~~

【統計馬券予想】

福島9 3.フォースフィールド
京都9 13.ダノンロンシャン
京都9 14.ゴットロブロイ

※単勝100倍以上は対象外

~~~~~~~~~~~~~~

【複勝ころがし予想】

本日はお休みです。

~~~~~~~~~~~~~~

【WIN5専門家予想】

本日はお休みです。

~~~~~~~~~~~~~~

【NO.1鉄板馬】

東京9R・国立特別 ◎12番ブリクスト
スピードセンスは非凡なものがある。前走は構え過ぎた。
もう少し前で競馬をすれば差し切れる。連軸信頼。

~~~~~~~~~~~~~~

【NO.1穴馬】

福島12R 二本松特別

穴10.ヴァンデミエール
福島開催も今年最後の開催でこの時期はローカルらしいメンバー構成となる。
騎手も若手中心だし、馬も比較的小粒揃いだし結構荒れる要素が多い。
福島は通例4月・7月・11月に開催されているが、この間隔がまた妙味。福島で去年や今年の4月・7月に勝っていた馬がそのあと凡走してこの時期に福島に戻って勝ちを拾うなんていうことが多々。
何が言いたいかというと、福島に強い・適性のある巧者を中心に考えたいと思う。
その中で10番のヴァンデミエール。これに当てはまるのは数頭いるが穴的に面白いのはこの馬。
ここ2走も着順ほど離れてはいないし、1000万クラスも経験しておりこのメンバーの中では能力的には上位クラスに値すると思うし前走タフな中山を走っているだけにここに合わせて馬体を作っているようにも感じる。
末脚は確実なので、立ち回り良く行けば馬券内にはもってこれるハズ。

~~~~~~~~~~~~~~

【裏情報!今日のヤリ馬】

東京8R・3歳上500万下
★11番ディアコンチェルト
成績に非常にムラのある馬。中々2戦続けて好走しない典型的なタイプ。
前走2着を考えれば今回は消し候補だが今回は少し事情が違う。
このレースの1着賞金は750万円。馬主80%・調教師10%・騎手5%・厩務員5%で賞金は割り振られる。
今回の攻め馬は異常とも言える好調教。完全に1着賞金を陣営が取りに来た。

東京6R・3歳上500万下
★11番メリーウィドウ
ここ数戦惜敗続き。500万円での賞金稼ぎはもうこの辺で良いだろう。
十分力も付けてきた。ここを勝ち上がって今度は1000万円で善戦ホースになる時期がやってきた。
今回は勝負に出る。今なら勝ち上がっても十分勝ち負けになる。

~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

サブコンテンツ