【無料版】11月1日 中央競馬予想


Sponsored Link

東京11R・天皇賞・秋
【メインコメント】
出走馬全頭が重賞勝ち馬と、例年以上にメンバ―が揃った。天気も問題なくG1デーに相応しい1日なりそうだ。人気の中心は、【エイシンヒカリ】【ラブリーデイ】特に【エイシンヒカリ】は得意の逃げ切り勝ちを狙う。意外にもG1で武豊騎手が騎乗して、逃げ切り勝ちの馬はいない。【地方交流は除く)【ラブリーデイ】は宝塚記念を含む現在重賞3連勝中と絶好調。この勢いは最早本物。各紙馬柱の印が割れに割れている。どの馬にも印が回っており、人気と実力の差は人気程差がないのが実情。実績上位の馬もこれだけ相手が揃うと非常にやりづらい。人気が高い馬程プレッシャーは高くなってくる。しかし、そこは百戦錬磨の鞍上は名手たち。さほど問題にするまでもないだろう。

レースは出遅れない限り【エイシンヒカリ】のペースで淡々と進む。極端なハイペースにはならず、最後は瞬発力勝負になる。直線向いてよーいどん。余程後ろから行かない限り届くだろう。勝つチャンスは全頭にあると言っても決して大げさではないだろう。極端に見劣りする馬はいない。かなりの高水準の馬が今年は揃った。

本命は【エイシンヒカリ】【ラブリーデイ】のどちらかで迷ったが、勇往邁進【エイシンヒカリ】を選択。逃げ切りに全てを託した。果たしてこの選択がどうでるか?
【全頭徹底分析】

◎『9・エイシンヒカリ』

単騎逃げ確実。他馬に脚を使わすだけ使わせ逃げ切り狙う。

○『10・ペルーサ』

前走、久々の勝利。人気はないが、侮れない1頭

▲『1・ディサイファ』

走りに安定感が出てきた。最後の直線エイシンヒカリを交わせるか?

△8・ラブリーデイ
乗り替わりも問題なし。浜中で新味を引きだせれば更に良い。好勝負。

△13・ヴァンセンヌ
距離不安が囁かれるが距離は問題ない。

△16・イスラボニータ
前走、毎日王冠3着と力のある所を見せた。皐月賞に続くG1タイトルを狙う。

△3・サトノクラウン
持っている能力はG1級。あとはその素質を鞍上が開花させるか?

【この馬に騙されるな!】

消『2・アンビシャス』

これまで戦ってきた相手が弱く、前走でその不安を露呈し6着。危険な人気馬。

【その他消し馬見解】

消4・ダコール
休み明けを一叩きされ気配は上向いた。馬券圏内となるとどうか?

消5・クラレント
適条件ではあるが、最近内容がついて来ない。ここも軽視賢明。

消6.カレンミロティック
距離は正直もう少し長い方がいい。2000Mはこの馬には忙しい。

消7・ラストインパクト
馬はここを目標に予定通り仕上がった。後は、鞍上がどうのるか?

消11・ワンアンドオンリー
今年は果敢に海外にチャレンジも結果がでず。今回も苦しい。

消12・ダービーフイズ
能力的に冷静に考えると1枚劣る。

消14・ステファノス
消した馬の中では一番怖い存在。要注意。

消15・ショウナンパンドラ
エリザベス女王杯にはむかわず天皇賞を選択。勝算あるか?

消17・スピルバーグ
昨年の覇者も今年は前哨戦で不安を露呈した。

消18・アドマイヤデウス
春の良い頃の時のデキにはない。距離も短い。

推奨買い目
馬連1-9 3-9 8-9 9-10 9-13 9-16
3連複9→1・3・8・10・16

【総評コメント】
出走馬全頭が重賞ウィナーと言う豪華絢爛な顔合わせ。例年の天皇賞と比較してもレベルはかなり高い。
しかし、距離が不向きな馬なども見受けられる。また全盛期の勢いにない馬もいる。
簡単に全馬重賞ウィナーと言ってもそう簡単に事が運ばないのが競馬。ここもその様相に変わりはない。
印が回った馬と印が回ってない馬との差は開きが大きい。その点をよく注意しなければいけない。
昨年の覇者も1年経てば立ち位置が大きく違ってくる。1年もあれば様々な事が起る。

Sponsored Link
【オススメ少頭数レース】

京都1R・2歳未勝利
◎8・ナナパンチ  そろそろ未勝利卒業の順番。
○1・エーティーチャンプ 新馬戦を使われ大分体が解れた。
▲5・シゲルオキサワラ 今週の稽古は良い動きだった。
△7・ヨシオ   前走は着順を落としたが気にする必要はない。
複勝8
ワイド1-8 5-8
3連複8→1・4・5・7

おまけ(毎週1つ限定版より紹介)

【裏情報!今日のヤリ馬】

東京10R・紅葉S 9番オコレマルーナ
前走の新潟戦は明らかに次走を意識したレースだった。
当然本気を出していない。今回は100%本気モード。
この馬本来の競馬が出来れば、府中の直線を突き抜ける。
元々、若駒の頃から素質馬として注目を浴びてきた馬。気がつけばもう6歳。

以上です。

よろしくお願いします。

123321
1717

Sponsored Link
 

サブコンテンツ