【限定版】11月22日 中央競馬予想


Sponsored Link

~~~~~~~~~~~~~~

【全レース情報】

※左が軸推奨、右が消し推奨
◎付き軸馬は高確率オススメ
東京1 軸『8』切【13・14・15】
東京2 軸『3』切【1・5・8・14】
東京3 軸『9』切【12・13・15】
東京4 軸『』切【】該当馬なし。
東京5 軸『』切【】該当馬なし。
東京6 軸『3』切【9・12・15】
東京7 軸『6』切【3・8・10】
東京8 軸『3』切【6・8・11】
東京9 軸『5』切【2・6】
東京10 軸『12』切【7・15・18】
東京11 軸『12』切【2・3・8】
東京12 軸『◎8』切【3・4】

京都1 軸『1』切【7・8・15】
京都2 軸『5』切【1・2・3】
京都3 軸『2』切【3・5・8】
京都4 軸『1』切【2・3・7】
京都5 軸『』切【】該当馬なし。
京都6 軸『6』切【3・4・5】
京都7 軸『1』切【4・9・11】
京都8 軸『5』切【6・7・11】
京都9 軸『2』切【4・6】
京都10 軸『5』切【8・14・15】
京都11 軸『◎16』切【6・9・12】
京都12 軸『8』切【9・10・11】

~~~~~~~~~~~~~~

【勝負レース】

東京・11R霜月S

◎『12・グレイスフルリープ』

このメンバーなら能力上位。ここも一気に押し切る事が出来るだけの能力は持っている。
鞍上も前走に引き続き内田騎手を確保。G1デーだったが、内田騎手に騎乗馬はなく、東京で乗る事になった。
マイルCSで騎乗馬がいれば、同馬の鞍上は乗り替わり。ここは同馬に運もあった。

○『16・カジキ』

抜群のスピード能力をいかして今回も単騎逃げ濃厚。
長い府中の直線でどこまで粘り込みが出来るか?小牧が絶妙なラップで後続馬を上手く幻惑する事が出来るか?
1400Mはハイペースになりやすいのでどれだけ与力を残して直線を向けるかが勝負になってくる。

▲『10・カチューシャ』

前走は流石に相手が強かった。今回の相手は3枚落ち。
しかも距離短縮は歓迎。上手く流れに乗って勝機を伺いたい。
ここは同馬の力を信じて石川騎手も乗るだろう。石川騎手にとってはチャンスの一戦になる。
果たして結果を残せるだろうか?

△9・キクノストーム
後方一気の馬。展開に左右される、俗に言う漁夫の利ホース。
しかし、漁夫の利ホースだからと言って侮る事は出来ない。
ペースが遅いと判断すれば早めに動くだろう。

△(穴or大穴)6・チャーリブレイヴ
先週の武蔵野Sから意欲の連闘策。陣営も今回は力が入る一戦。
前走は流石に相手が強かった印象は否めない。
ここなら何とか馬券圏内までなら十分勝負になる。

【コメント】
なかなかの好マンバーが揃った今年の霜月S。しかし、ずば抜けた存在の馬は見当たらない。

各馬にチャンスはありそうだ。展開一つで大きくレース結果が変わるメンバー構成。

中々、相手探しも大変なレース。今回も軸馬選定が難しい為5頭のボックス馬券で勝負します。

【カジキ】【カチューシャ】【グレイスフルリープ】【キクノストーム】【チャーリーブレイヴ】の5頭のボックス馬券で勝負。

逃げ馬もいれば追い込み馬もいるこの5頭。他にも実力のある馬はいるが、この5頭が今週の調教を加味した上で選抜した。

推奨買い目
馬連ボックス6・9・10・12・16
3連複ボックス6・9・10・12・16

~~~~~~~~~~~~~~

【少頭数レース予想】

京都9R・嵯峨野特別
◎2・エイシンアロンジー このクラスでは実績最上位。今回こそ。
〇8・クルーガー 少し立て直す期間をおいての一戦も態勢整う。
▲3・サイモンラムセス 取り消し明けも問題なし。好勝負。
△7・カレンバットボーイ 歯痒い競馬が続く。そろそろ前進期待。
複勝2
ワイド2-3 2-8
3連複2⇒3・7・8

東京9R・からまつ賞
◎5・ルグランフリソン このメンバーでは能力上位。
〇1・フレンチイデアル 成績安定。勝つだけの力も十分ある。
▲7・スミレ 前走は11番人気3着と穴を開けた。実力はある。
△10・アッラサルーラ 勝ち上がるのに時間を要したが、能力はある。
複勝5
ワイド4-5 5-7
3連複5→1・7・10

京都4R・2歳未勝利
◎5・エルビッシュ 勝ち上がるまでもう少し。これ以上足踏み出来ない
〇1・ケンホファヴァルト この距離の方が合う。本領発揮か?
▲6・ディープエクシード 確実に前進している。好勝負。
△9・ルミナスエレメント 新馬2着のデムーロと再コンビ結成。前進必至
複勝5
ワイド1-5 5-6
3連複5→1・6・9

~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

【メインコメント】京都11R・マイルCS
今年のマイルCSで馬券の取捨選択を握る馬は【モーリス】だろう。

春は4連勝で一気に安田記念を制しG1ホースの仲間入りを果たした。

本来であれば断然人気でもなんらおかしくない。しかし、ぶっつけ本番が競馬ファンの頭を悩ませている。

その間に前哨戦などが行われ、新興勢力なども台頭してきている。このメンバー相手ではモーリスの破壊力満点の末脚で一撃粉砕できるだけの能力は持っている。

なかなかそうはいっても一般競馬ファンからしてみれば、毎日王冠あたりは使って欲しかっただろう。

しかし、陣営はマイルCSに照準を合わせてきた。5連勝で春秋マイルG1制覇の偉業を成し遂げる事は出来るかが最大のポイント。

新聞の印も恐らく割れているはず。トラックマン泣かせのレースと言ってもいいが、そこを仕留めるのがトラックマンの仕事。

ここにきて評価が高いのがイスラボニータだ。天皇賞・秋は3着と好走。皐月賞馬の威厳は示した格好。勝った馬が一枚上手だった。

このままラブリーディと同じ路線を進むとジャパンCで再戦となる。距離に不安あるイスラボニータにしてみれば、更に分が悪い。

実際昨年のジャパンCでは9着惨敗を喫している。マイルに距離が短縮されるのはこの馬に取って間違いなく好材料。

サトノアラジンは賞金面で出走が微妙な状態だったが、何とか出走にこぎつけた。ゲートインしない事には競馬は始まらない。

G1の大舞台で惜敗続きにピリオドを打つ事が出来るかも大きな注目が集まる。今年のマイルCSのメンバーレベルはかなり高い。

【全頭徹底分析】

◎『16・モーリス』

マイルG1春秋連覇がかかる。安田記念の後放牧に出した後、ここに直行。勝機十分。

○『15・ダノンシャーク』

まだまだ老け込むのは早すぎる。ここで反撃の狼煙を上げる。

▲『10・フィエロ』

前哨戦を叩かれ気配上昇。本番仕様の作りにしてきた。間違いなく前走より出来は上。

△4・ダイワマッジョーレ
春よりも確実にシャープな動きになっている。侮れない。

△7・アルビアーノ
前哨戦を快勝。実力は本物。牝馬特有の切れ味で勝負。

△5・イスラボニータ
秋は毎日王冠3着。天皇賞・秋3着と実績を残してきた。ここでも好勝負。

△11・カレンブラックヒル
休み明けを叩かれ気配上昇。人気はないが、人気薄の逃げ馬は怖い。

【この馬に騙されるな!】

消『17・ロゴタイプ』

典型的な中山巧者。中山とその他の競馬場では全く走りが違う。

【その他消し馬見解】

消1・ヴァンセンヌ
前走の敗因は明らかに距離だが、G1戦では家賃が高い。

消2・ケイアイエレガント
春はヴィクトリアマイルで大波乱を演じた1頭。気性が荒い為、安定して走れないのが弱点

消3・レッゴードンキ
秋華賞は17着と大きく崩れた。能力はあるが、牝馬は1度調子を壊すとなかなか戻らない。

消6・アルマワイオリ
正直このメンバーに入ると2枚位は格下。ここでは消しが賢明。

消8・サトノアラジン
消した馬の中では1番怖い存在。この馬に連対されたら仕方がない。

消9・レッドアリオン
前々走1着。前走16着。条件は1600M・G3と同じでこれだけの差があるのは信頼できない。

消12・レッドリヴエール
復活の兆しが見えた所で前走惨敗。まだまだ本調子ではない。

消13・リアルインパクト
春は海外G1なども勝ったがその後は精彩を欠く走りが続く。見送り賢明。

消14・トーセンスターダム
前走のカシオペアSは順当勝ち。しかしここは役者が揃った。

消18・クラリティスカイ
3歳馬同士なら強いが古馬混合となるとかなり分が悪い。

推奨買い目
馬連4-16 5-16 7-16 10-16 11-16 15-16
3連複16→4・5・7・10・11・15

【総評コメント】
結論。今回はモーリスは直行だったが、稽古の動きは文句無し。競馬勘も鈍っていない。

ここは好勝負必至と判断した。今回も豪快な末脚を剛腕ムーアとのコンビで直線一閃する可能性が高い。

ここは素直にモーリスから入った。末脚勝負の馬だけに、展開に左右される面は否めないがどんなペースでも焦って動かなければ問題ない。

そこら辺は世界的名手のムーアなら問題はない。

このメンバーでスローペースになるのは先ず考えられない。モーリスの豪脚が炸裂すれば自然と結果はついて来る。

なかなか相手選びが大変だったが穴馬も絡めたので、配当面では、相手次第になる。

先ずはモーリスの走りに注目したい。

~~~~~~~~~~~~~~

【統計馬券予想】

京都2 1.カマラードミノル
京都10 9.ミヤジタイガ

※単勝100倍以上は対象外

~~~~~~~~~~~~~~

【複勝ころがし予想】

京都11R
8. サトノアラジン
今年に入り着実にクラスを勝ちあがり、この舞台までたどり着いたサトノアラジン。末脚はこのG1クラスでも十分通用する鋭い切れ味がある。
前走はダノンプラチナにあっという間に交わされてしまったが、しっかり2着を確保。
前が流れそうなメンバーでこの馬も馬券圏内の出番があっても不思議ではない。
↓↓↓↓
京都12R
6.エイシンラナウェー
前走500万クラスを完勝し、再び1000万クラスに出走する。休み明けを叩かれながらようやく本来の調子が出てきた印象。
ここも調子落ちがなく好走できる。以前も1000万クラスで2着があり、クラスが上がっても問題ないことは証明済み。
今回も馬券圏内はもちろん連勝だって期待できる。

~~~~~~~~~~~~~~

【WIN5専門家予想】

京都9R【B】
☆2.エイシンアロンジー
☆8.クルーガー
少頭数のここはエイシンアロンジーを本命で勝負。ここまで11戦して、まだ一度も馬券圏内を外したことがない超堅実ぶりが魅力。
この相手であれば、まず今回も馬券圏内は外さないし、あっさり勝っても不思議ではない。もう一頭クルーガーも押さえておく。
クルーガーは前走1000万クラス4着だったが、メンバーも揃っていた。1000万でも十分に能力は通用するところを見せたので、今回も注意。
エイシンアロンジーより前で競馬できる点も魅力で注意したい点である。

東京10R【C】
☆16.トーセンビクトリー
☆5.マジックタイム
☆1.コンテッサトゥーレ
1600万円下クラスの牝馬限定戦で、ここは牝馬重賞クラスのメンバーが揃った。
本命は秋華賞ではかかってしまい本来の力を発揮できなかったトーセンビクトリーにする。古馬相手でも能力、実力は引けを取らない。末脚は確実にきれる脚を使うので、東京の長い直線は合うはず。
距離も1600mぐらいがちょうどいいとみて、今回は1600万クラスをあっさりクリアしてほしい。
マジックタイムも注意したい。マジックタイムは前走1000万クラスを勝って再昇級の形だが、1600万クラスでも2着が2回あり、実力はここでも上位。
好調ということもあり、得意の東京で連勝もある。

京都10R【C】
☆9.ミヤジタイガ
☆7.フォローハート
☆11.セイスコーピオン
ここは非常に難解なレース。正直抜けた馬がいない混戦で難しい。
本命はミヤジタイガにする。この馬は以前は芝での好走が目だっていたが、最近はダートの方が走る。ここ最近は、ダートで好走して芝を使って、またダートを使ってと芝とダートを交互に使っている。
芝では大敗するがダートでは馬券圏内に入ってきている。この馬のパターンとみていいだろう。
鞍上もこの馬で2勝をあげている和田騎手になる点もプラス。今回のメンバーであれば、僅差で差し切るイメージができる。
後は、M.デムーロのフォローハート、川田騎手のセイスコーピオンを押さえる。

東京11R【B】
☆16.カジキ
☆12.グレイスフルリープ
毎年波乱傾向にある霜月ステークスだが、今年も好メンバーが揃い、難しいレースになりそうだ。
東京1400mはやはり前に行く馬が有利なので、今回も逃げることが予想できるカジキを本命にする。前走は惜しくもアドマイヤサガスに最後に差されてしまったが、好調ぶりは走りにも出ていた。
そのまま小牧騎手も東京まで遠征して、続けて騎乗する点も魅力。もう一頭グレイスフルリープも先手を取れる馬。
この2頭が前々で運んで押し切るレースになると予想してこの二頭で勝負したい。

京都11R【B】
☆5.イスラボニータ
☆10.フィエロ
☆16.モーリス
さすがにマイルのG1とあって、短中距離路線からメンバーが集まり、どの馬が勝ってもおかしくない好メンバーが揃った。
本命はイスラボニータ。前走天皇賞は惜しくも3着だったが、完全に復調したことを確信させる走りだった。以前から短い距離を使って来たら強いと思っていた一頭で、恐らく1600mがベストに思える。
天皇賞組からのマイル参戦は好成績が多く、この馬が混戦を断ち切ると予想。あとは昨年2着のフィエロ、春のマイル王者、モーリスを押さえておきたい。

~~~~~~~~~~~~~~

【NO.1鉄板馬】

京都12R・3歳上1000万下 6番エイシンラナウェー
現級勝ちのある馬。近走成績も安定不安要素なし。連軸信頼。

~~~~~~~~~~~~~~

【NO.1穴馬】

京都8R
穴14.カシノタロン
頭数が揃っており、前走人気もそれほど無くさらに着順も悪いメンバー構成に突出して抜けた馬がおらず、何が来てもおかしくないようなレース。
組み合わせよく1勝したが結果、能力がついていけず足踏みしているメンバー達。何が馬券に絡んでくるのかわからないそんなところ。
まさにこの馬も方向性を見失っている状態であると言って良いもの。父親のバゴはレッドゴッド系でムラっ気が非常に強く、不器用な血統。
スピードはあるがズブさがありなかなか勝ちきれないことが多い傾向にある。
ただ去年ここ京都で1200mだが同級で勝っている。調子とやる気のタイミングが合えば2勝しているんだし好走する可能性は十分にある。
穴をあけるなら逃げ残りか?血統的にはできると思うし、鞍上が思いっきりの良い義騎手で減量騎手の恩恵を受けスタートダッシュを決められればチャンスはある。
かなり穴になる予想ではあるが来てもおかしくはない馬ではないか。

~~~~~~~~~~~~~~

【裏情報!今日のヤリ馬】

京都8R・3歳上500万下 5番アドマイヤリバティ
今回は大幅に鞍上強化。追うのは天下一品のムーアが騎乗。
陣営もレース後は他のレースには目もくれずこのレースに絞って調整してきた。明らかに勝ち上がりを狙っている。
ここはムーアで一発回答を陣営も狙っている所。先週、出走のプランもあったが、鞍上の問題もあり予定通りこのレースに照準をあわせてきた。
余程の言がないかぎり連軸じゃ固い。余裕があれば3連単1着固定で勝負したい。

~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

サブコンテンツ