東海Sレース回顧。明暗分けた鞍上交代。


Sponsored Link
東海Sレース回顧。明暗分けた安城交代。
1番人気ロワジャルダンに騎乗予定だった浜中俊騎手が落馬負傷の為、急遽横山和夫騎手に乗り替わりとなった。

リーディングジョッキーにも輝くなど成長著しい浜中俊騎手と比べてしまうのはあまりにも酷と言うものがある。

重賞・初制覇のチャンスが転がり込んできたわけだが、重賞競走にもなると普段の平場の騎乗とはわけが違う。

相当なプレッシャーがあたったのは容易に想像がつく。結果的には馬券圏内の3着と最低限の仕事は果たした。

ただやはり、まだまだ騎乗技術の甘さは残った。もう少し前で競馬をしていれば、結果は変わっていたはず。

いい経験になった事だろう。これを糧にして精進してほしい。本人も重賞競走の人気馬のプレッシャーが痛いほど分かっただろう。

なかなかこういった経験も出来ないので、今後は自力で重賞の人気馬に騎乗してもらいたい。その為には日々精進が必要だ。

本人も1番よく分かっていることだろう。さてレースの方を振り返ってみると。今年は小粒なメンバー構成

各馬一長一短のメンバー構成。レースはモンドクラッセが逃げ、アスカノロマンがこれをマークする展開。

結局直線をむいても、この2頭が後続を引き離し、アスカノロマンが先行抜け出しで快勝。モンドクラッセは

逃げ粘り2着。3馬身ほど空いてロワジャルダンが3着入選。完全に行った行ったの競馬になってしまった。

ここでやはりロワジャルダンの位置取りがやや後ろ過ぎたのは否めない。しかし、重賞で人気馬初騎乗なら

博打競馬などできるはずもない。陣営の指示通りに乗ったのだから及第点は上げてもいいだろう。

Sponsored Link

サブコンテンツ