【マキ馬王コラム】単勝と3連単の使い分け


(PR)
『すごい競馬』
変な名前ですが回収率は100%を超えています
楽して儲けたい方にオススメ
3連単でローリスクの予想方法とは!?
http://www.shopwin.biz/?code=4202

【マキ馬王のコラム】 単勝と3連単の使い分け

3歳馬のG1戦が開幕。新たな世代が動き出しこれからが楽しみとなります。

桜花賞はまさかのメジャーエンブレムの4着という結果になりました。

負けたメジャーエンブレムの敗因は展開によるものでしょう。

激闘を演じた2頭は力を証明できた1戦となりました。

今後はジュエラー、シンハライト、メジャーエンブレムという3強になりそうです。

およそ10年前のエアメサイア、ラインクラフト、シーザリオの世代を思い出します。

そのシーザリオの仔が今週の皐月賞に出走するのは何か感じるものがあります。

さて、今日は単勝と3連単の使い分けについて考えてみたいと思います。

先に軽く触れますが、単勝と聞いて皆さんはおそらく1点買いを想像すると思います。

しかし、単勝は1点で買わなくてもいいのです。

例をあげると 1番人気2.5倍 3番人気5.3倍 の時に

1番人気に10000円 3番人気に5000円

という2点買いでも的中すればプラスになり的中率自体も上がります。

ここからが単勝と3連単の使い分けについての考えです。

結論は ”単勝買いの時に自信が少し欠けた場合に3連単に切り替える。”

当たり前な考えかもしれませんが意外にこれができていない人が多いと思います。

単勝の自信が欠けるということは元々1着を想定しての予想なので2.3 着になりそうだというレベルです。

逆にいえばそこで3連単を的中できれば配当も良くなります。

もちろん、単勝で自信のある時は大金で勝負するということでいいと思います。

上記の場合の考え方です。

単勝は的中率重視で3連単は的中率よりも回収率重視という考えになります。

どちらも最終的には安定を目標に定めています。

確実な利益で安定が得られるのが単勝です。

高配当数回的中で安定が得られるのが3連単です。

まず単勝を当てないと話になりません。

では、単勝を当てるにはどうすればいいのか?

それは”強い馬を見抜く”ということです。

強い馬とはオッズが示しているわけではありません。

単純に1番人気を買えばいいってものではないのです。

例えば18頭のレースで力を出し切れなく負けてしまった馬は弱いというわけではないです。

レースの展開が悪かった、馬体が整っていなかった、出遅れがあったなどの理由もあります。

次回は「勝負レース」と「強い馬と相手馬」の選び方についてです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

(PR)
『すごい競馬』
変な名前ですが回収率は100%を超えています
楽して儲けたい方にオススメ
3連単でローリスクの予想方法とは!?
http://www.shopwin.biz/?code=4202

サブコンテンツ