【無料版】4月17日 中央競馬予想


(PR)
あなたが100%満足する情報を届けます。
WIN5、重賞予想、コラムすべて無料!
回収率重視の予想なら
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3383
AJFDS.png

 

中山11R・皐月賞
【メインコメント】
いよいよ牡馬クラシックがスタートする。先週行われた牝馬クラシック第1弾桜花賞はメジャーエンブレムが4着と馬券圏内に入れなかった。

道中もまれたのが良くなかったのだろう。やはり自分でラップを刻んでこその馬。そうこうしているうちに皐月賞。

人気はサトノダイヤモンド・マカヒキ・リオンディーズの3頭に集中しそうだ。ルメール騎手に取ってはマカヒキにも乗りたかっただろう。

しかし体は一つしかない。代打騎乗の川田騎手が能力を引き出せるか?ここまで3戦3勝の土つかず。前走の弥生賞も貫録勝ちと言った所。

リオンディーズは2歳王者の面目は何とか保ち2着。トライアル仕様だっただけに、本番の今回はもう1段階エンジンがかかった調教内容だった。

3強の中でこの馬が1番調教が良かった。元々調教掛けする馬だけに時計はある程度出るが、今週は重心の低いホームから好タイムをマーク準備は整った。

後は中山までの輸送が悪い方向に出なければ問題ない。

そして、皆さん大注目のサトノダイヤモンド。きさらぎ賞を快勝したあとは皐月賞に直行したのは陣営の思惑通り。

きさらぎ賞では圧巻のパフォーマンスを見せファンを魅了した。ここまで3戦3勝だが、危ないレースは1度もなく、搭載エンジンンの違いを見せている。

今回は今までより相手は大分つよくなるが、この馬の能力からすれば撃破する体制は整った。

その他、エアスピネルも虎視眈々と勝機を伺っている。伏兵馬も多く楽しみな一戦だ。

【全頭徹底分析】
◎『3・マカヒキ』
3戦3勝無敗馬。今回サトノダイヤモンドとの無敗馬対決をせいするのはこの馬。

○『16・リオンディーズ』
弥生賞はトライアル仕様。今回は万全の仕上げ。逆転狙う。

▲『11・サトノダイヤモンド』
これまでの3戦はいずれも快勝。マカヒキとの無敗馬対決に注目が集まる。

△4・アドマイヤダイオウ
ようやく軌道に乗ってきた。皐月賞よりはどちらかと言うとダービー向き。

△13・プロフェット
皐月賞と同じ舞台の京成杯を勝っているぶっつけだが力は出せる。

△14・ロードクエスト
決め手ではナンバー1.強烈な末脚が武器。嵌れば勝利まである。

△15・エアスピネル
前走、弥生賞3着で少し株を下げているが能力は上位。

【この馬に騙されるな!】

消『5・マウントロブソン』

堀厩舎期待の1頭だが、調教の動きがスプリングSの方がよかった。

【その他消し馬見解】

消1・トレッドノータス
休み明けとはいえ前走スプリングSは現時点のこの馬の能力。ここでは厳しい。

消2・ジョルジュサンク
このメンバーに入ってどうか?正直物足りなさを感じる。

消6・ミライヘノツバサ
2連勝と勢いはあるが、勢いだけでG1は勝てない。相手も大幅強化。

消7・ウムブルフ
京成杯あたりから歯車が狂いだした。今回は軽視。

消8・ミッキーロケット
前走もよく踏ん張ってはいるが上位陣との差は大きい。

消9・ナムラグングン
若葉Sで権利を取り出走。相手が大幅強化。よくて掲示板まで。

消10・トーアライジン
まだ500万円の条件馬。流石にいきなりG1は厳しい。

消12・リスペクトアース
それ程大崩れするタイプではないが、このメンバーに入ると厳しい。

消17・アドマイヤモラール
前走のスプリングSが現状この馬の力。ここは軽視妥当。

消18・ディーマジャスティ
消した馬のなかでは1番不気味な存在。ここは試金石の1戦。

推奨買い目
馬連3→4・11・13・14・15・16
3連複3→4・11・13・14・15・16

【総評コメント】

本命は3戦3勝のマカヒキを推す。これまでのレースぶりには安定感があり着差以上に強さを感じる。

同じ3戦3勝のサトノダイヤモンドは着差をつけてインパクトのある勝ち方をしてきた。

サトノダイヤモンドは単穴評価とした。

きさらぎ賞から皐月賞直行に異論は全くなし。臨戦過程・調教内容などトータルで判断した。対抗にはリオンディーズ。

トライアルの1着・2着が本命・対抗。マカヒキが単穴。この3頭は能力差は殆どない。互角。

マカヒキがテン乗りの川田騎手だが、操縦性が抜群の馬だけに問題はない。馬券はマカヒキから流し馬券で勝負する。

【オススメ少頭数レース】

中山7R・4歳以上500万円以下
◎5・コアプライド 前走が好内容。前走程度の競馬が出来ればチャンス。
○12・マイネルライヒ 近走堅実大崩れはない。安定勢力。
▲11・アオイオンリーワン 気分屋だが、鞍上戸崎がキチンと動かす。
△9・ カシノカーム 穴候補。着順ほどそれほど負けていない。
複勝5
ワイド5-11 5-12
3連複5→9・11・12

おまけ(毎週1つ限定版より紹介)

【NO.1鉄板馬】

阪神12R・6番。・4歳上1000万下・スワーヴカイザー
近走堅実。安定した走りをみせている。連軸信頼。

【マキ馬王の”スナイパーゴルゴ3歳”】
中山2R 3歳未勝利

◎3ロードゼフィール
現在2連続で複勝圏内に入っていおり、直線の長い東京コースよりも中山1800mはこの馬にとって相性がいいです。
このクラスで先行できる脚をもっているだけでも評価は高い上、内枠もプラス条件が整っていよいよここで未勝利脱出となりそうです。

○14エラクレーア
本命に対抗できるのはこの馬ですね。完全にダート適性の方が高い馬です。
後ろからも前からもよさそうですが今回に関しては先行集団に取りついて競馬ができれば馬券内でしょう。
吉田和美×外国産馬これも買い要素の一つで、引き続き戸崎騎手というのもプラスです。

▲1ギンザマトリックス
ダート転向後は2着2連続と好走をみせています。脚質は後方から押し上げていくという
走り方で若干ネックなところではありますが、他の馬に比べると安定した走りができているという点ではプラス評価にしています。

△10フィールザシルバー
ここは穴として推奨します。まだレース経験はないという点では不安もありますが、
ここは思い切った競馬を期待しています。よく大野騎手は穴をあけますが、本当は実力ある騎手で馬に恵まれていないだけです。ここで1発を期待します。

ここは◎ロードゼフィールが抜けた感じで対抗できるのは○のエラクレーアです。
力の差ははっきりしていますがほとんど実力勝負になると思います。
初ダート馬が若干気になりますが軽視していいでしょう。
保険として◎○のワイドを抑えてもいいかもしれませんね。

【推奨馬券】
3連単1頭軸マルチ
3→1.10.14
馬単
3→1.10.14

【マキ馬王のラストチャンスは狙い打て】

◎10マイネルメリエンダ
重賞では力が不足していますが1600万クラスでは力は上位です。
OPクラスでも十分通用するポテンシャルは秘めています。
この馬にとってマイルはベストな条件です。さらに中山に限定すると、7回中6回複勝圏内で外した1回はG3のダービー卿チャレンジトロフィーのみです。
今回はこの馬が間違いなく不動の軸です。

○11ダイワレジェンド
この馬は中 山巧者であるはずだが距離に苦しんでいた印象が強いです。
本来ならあっさりとクラスを上げていける力はあったに違いないです。
ここでの距離短縮は大きくプラスになります。久々のマイル戦ですが、
スムーズに前で競馬ができれば前残りの可能性以上に勝つ可能性もあります。

このレースはこの2頭で複勝は厚めにいきます。
トップハンデもそれほど気にすることはないでしょう。
人気はルメール騎手、デムーロ騎手に吸収されれば好都合ですね。

【推奨馬券】
複勝
10
ワイド
10-11

(PR)
あなたが100%満足する情報を届けます。
WIN5、重賞予想、コラムすべて無料!
回収率重視の予想なら
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3383
AJFDS.png

サブコンテンツ