【皐月賞レース回顧】3強で決まらずディーマジェスティ末脚一閃。


(PR)
信頼の情報競馬。
重賞専門予想でマル秘、極秘情報を無料で提供
軸馬を知りたい方はこちら
http://www.k-million.jp/?afl=org160405
ASXBR.png

 

先週の桜花賞に続き3強では決まらず。混戦を断ったのはディーマジェスティだった。

前走共同通信杯を快勝し、そのまま皐月賞に直行。

そのローテーションが嫌われたのか8番人気と低評価だった。

レースではその低評価をあざ笑うかの如く、直線大外を豪快に伸びた。

蛯名騎手の好判断・好騎乗が光った。全くソツのない競馬で完勝と言っていい内容。

皐月賞の主役は3強ではなくディーマジェスティだった。人気の盲点をつく快勝劇。

3強はマカヒキが最後方から競馬を進め、直線良く伸びたが2着まで。サトノダイヤモンドは3着。

リオンディーズは4位入線も進路妨害で5着降着と後味の悪い結果になった。

エアスピネルが繰り上がりで4着になった。

その他の伏兵陣の奮起も期待されたが残念ながら伏兵陣の奮起はなかった。

これでディーマジェスティは共同通信杯を勝った。東京競馬場で行われるダービーでは今度は人気になるだろう。

強烈な末脚は府中向き。仕掛け処さえ間違えなければ、ダービーでも上位争いは間違いないだろう。

ダービーではサトノダイヤモンド・マカヒキ・リオンディーズも虎視眈々と巻き返しを狙っている。皐月賞はディーマジェスティ天晴の競馬だった。

 

(PR)
信頼の情報競馬。
重賞専門予想でマル秘、極秘情報を無料で提供
軸馬を知りたい方はこちら
http://www.k-million.jp/?afl=org160405
ASXBR.png

サブコンテンツ