【無料版】4月30日 中央競馬予想


(PR)
あなたが100%満足する情報を届けます。
WIN5、重賞予想、コラムすべて無料!
回収率重視の予想なら
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3383
AJFDS.png

 

『東京11R・青葉賞』
【メインコメント】

今年の青葉賞はフルゲート割れ。日本ダービーへの優先出走権は2枚。

以前は3着馬まで優先出走権が与えられたが3枚から2枚となり、ますます優先出走権争いが激化してきた。やはり2枚と3枚では大きい。3着まででOKと連体が絶対条件になると、博打競馬的な騎乗をするジョッキーもいる。

日本ダービーと言うのは競馬関係者なら誰もが一番夢見る舞台。勝つことは大変なことだが、日本ダービーに辿りついただけでもOKと思う陣営もあれば、勝たなければ2着も最下位も同じと言う陣営もある。その日本ダービーに向けた重要な前哨戦である青葉賞。今年は13頭立て。2頭のみが優先出走権を与えられる。

人気は、ブロディガルサン・ヴァンキッシュラン・レーヴァテイン・メートルダールに集まりそう。

今回本命に推すのは恐らく4番人気であろうメートルダール。このメンバーの中で末脚はトップ。最後の直線極上の切れ味を発揮する。今回はボウマン騎手とのコンビ。最後の最後まで脚を溜めて、全ては直線一気にかける。府中の2400M戦はこの馬に取ってベストといえるだろう。ここでしっかりと優先出走権を獲得したい。

メートルダールは後方からの競馬。前が余りにも遅いと仕掛けを早くしなければいけないが、それでも同馬が持つ末脚の切れが鈍る事はないだろう。

直線大外を一気に豪快伸びる。後は相手関係だが、ここで勝ち負けを演じないと本番のダービー云々の話ではない。

ここは勝ち負けにしっかり持ち込む。

【全頭徹底分析】
◎『11・メートルダール』
このメンバーの中では決め脚一番。強烈な末脚で差し切る。

○『12・ブロディガルサン』
5カ月の休み明けもかなり仕上がりは良い。しっかり仕上げてきた。好勝負。

▲『9・アルカサル』
2戦2勝。まだ、底を見せていないドリームジャーニー産駒。距離は問題ない。

△6・ヴァンキッシュラン
2億円ホースで話題が先行した馬。ダービー出走権をかけた最後の戦い。

△10・ノーブルマーズ
ハナを切るのはこの馬か?マイペースでスローのラップを刻む。

△7・マイネルハニー
スプリングS2着で皐月賞への優先出走権を得るも体調面を考慮し自重。ダービー1本狙い。

△13・レーヴテイン
2戦2勝。そこをまだ見せていない。スケールの大きな走り。

【この馬に騙されるな!】

消『4・レッドエルディスト』

主戦騎手ルメールはレーヴァテインを選んだ。その差は大きい。

【その他消し馬見解】

消1・ラヴアンドポップ
このメンバー相手では距離も長く、厳しい戦いになる。

消2・フレンドミラクル
長距離向きだが、ここは相手が強い。静観妥当。

消3・ロスカボス
消した馬の中では一番不気味な存在。

消5・ドンチャブ
前走は11番人気4着もアルカサルには完敗。ここでは不利。

消8・タンサンドール
前走、漸く未勝利勝ち。ダートの方が、現状は合っている。

推奨買い目
馬連11→6・7・9・10・12・13
3連複11→6・7・9・10・12・13

【総評コメント】

馬券のまとめ。本命メートルダールから印が回った馬へ流す。メートルダールが末脚を爆発させれば、この相手6頭で十分だろう。

相手によっては好配当も期待できる。ダービーの前哨戦各陣営気合が入る。

メートルダールの最大の強敵になるのが、ブロディガルサン。5カ月ぶりの一戦となるが仕上がりは抜群。十分力を発揮できるだけの状態。

長距離適正の高い馬も買い目絡めて高配当馬券を狙える体制も整った。ゴールデンウィークを気分よく過ごす為にもここはしっかりと的中馬券を仕留める。

【オススメ少頭数レース】

東京9R・秩父特別
◎6・ラテラス 気性にやや問題はあるが能力はここでは上。
○7・ ミッキージョイ 前走昇級初戦で2着とクラスの壁はなし。好勝負。
▲8・サトノスティング 昇級初戦もレースセンス光る。勝ち負け。
△12・レーヴデトワール きっかけ一つでこのクラスは卒業出来る。
複勝6
ワイド6-7 6-8
3連複6→7・8・12

おまけ(毎週1つ限定版より紹介)

【NO.1鉄板馬】

京都12R・4歳以上1000万円以下・15番・オウケンワールド
前走昇級初戦差の無い2着と好走。昇級の壁はない。好勝負。

【マキ馬王の”スナイパーゴルゴ3歳”】
京都9R あやめ賞

◎ロワアブソリュー
重賞を3度経験している馬で、重賞初挑戦ではレベルの違いを見せつけられました。
しかし、次走のアーリントンカップでは3着と好走をしています。
毎日杯は少しレベルが上がりましたが掲示板は確保しています。
着実に力はつけているこの馬は500条件では1枚上です。

○ホットファイヤー
この馬は逃げて粘るタイプの馬で内枠を引けたことは明らかにプラスです。
はなみずき賞では逃げずに5着と好走していて例え位置が少し後ろでも問題はありません。
距離短縮というのもこの馬にとって好材料です。
人気がなければ非常においしいところで狙 い目です。

▲ドゥオーモ
まだキャリアは2戦で底が見えていないと判断しています。
前走は勝った馬が強かったということと、この馬には距離が合わなかったというのが敗因です。
今回は1勝を挙げた未勝利レースと同じ距離に戻し勝つ体制は整え1発ありそうな気配です。。
同じディープ産句でもディープエクシードではなくこの馬です。

【推奨買い目】
馬連・ワイドボックス
4・8・9

【マキ馬王のラストチャンスは狙い打て】

京都12R 4歳上1000万下

◎オウケンワールド
前走は昇級初戦で勝ち馬から0.2秒離されての2着と健闘しました。
やはり500万クラスで運がなく勝てなかっただけで力 は十分にあったという馬です。
このクラスでも力は上手で先行力を活かして押し切ってもらいたい。
外枠が少し不安要素ではありますが3着は外さないでしょう。

○スリーアロー
ここ3走は前目の競馬で馬券になっている馬です。
ダートは先行馬という基本に当てはまる競馬で安定性が増しています。
枠も内外見ながら競馬ができるので早めに先団でいいポジションを確保してもらいたいところです。
若手騎手ですが、53キロのハンデを活かし粘りを見せてもらいたい。

▲オールマンリバー
おそらく今回は前に行く馬が多く速い展開が予想されます。
その中で差せるであろう馬はある程度中団で競馬ができるこの馬だと判断しました。
いくら早いとは言っ てもダートで最後方から差すというのは至難の業。
ダートでは掲示板を1度も外していないという実績も信頼性が高いです。

【推奨買い目】
馬連・ワイドボックス
7・11・15

(PR)
あなたが100%満足する情報を届けます。
WIN5、重賞予想、コラムすべて無料!
回収率重視の予想なら
http://www.hicchu.net/tekichu/geter/?ad_id=3383
AJFDS.png

サブコンテンツ